神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

津峯神社【参拝レポート】

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、徳島県阿南市にあります「津峯神社」についての記事をHさんに投稿していただきました。

  • 津峯神社のご利益、御由緒
  • 津峯神社にまつわる神話
などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益

  • 開運延命
  • 病気平瘉
  • 海上安全
などの功徳があるとされています。

御祭神

  • 賀志波比賣大神(カシハヒメノオオカミ)
  • 大山祇大神(オオヤマヅミオオカミ)

御由緒

津峯神社・公式ページより引用:http://tsunomine-jinjya.com/about.html

黄塵の巷を離れ、雲表遙かにそびゆる阿南霊峰の頂上に弥高く鎮まります、延喜式内社(賀志波比売神)津峯神社は、人皇第四十五代聖武天皇の御宇、神亀元年、神託によって國家の鎮護、民族長寿延命の守護神として賀志波比売大神を御本社に、開運招福、海上安全の守護神として恵比須大神、大國主大神を境内社に奉斎し、國主、領主の尊崇頗る篤く、殊に阿淡の藩主蜂須賀家歴代の家運長久を祈願せられ、爾来県内外の庶民開運招福、生命の守護神として、ことのほか信仰し、更に主神、賀志波比売大神は延命長寿を司り一日に一人の生命をお助け下さるとの御神徳、また恵比須大神は、福の神として阿波七福神めぐりの社寺に加わり、この霊域に参詣する全國各地の崇敬者が四季絶えることがない。室戸阿南海岸國定公園の当津峯山は本州の東南に屹立して衆山の崇とも言うべく、遠くは紀の和歌の浦、淡路、鳴門、近くは小松島、橘湾等、雲霞縹緲の間に展望することができ、俯瞰すれば紺碧の海面を、或いは飛鳥の如く、或いは漂葉の如く去来する機船、漁船の妙様筆紙に尽しがたく、海底の旭日、西山の夕陽、その景、阿波八景随一の名にはじず、陸前の松島に似て勝るとも劣らぬ絶景である。
赫々たる神徳、風光の美をかね実に天下の勝地であり、今や阪神、和歌山、香川、高知県をはじめ、全國各地に崇敬者を有し、篤信の徒、観光の客、この霊域に賽する者年間五十万人を超えている。
天正年間、阿土合戦の戦火に罹災するも藩政時代には國主蜂須賀阿波守の崇敬あつく、家老賀島家歴代の家例として正月三日諸臣を従え、参詣され、近くは大正九年五月二日蜂須賀正韶侯爵、昭和二年六月二日伏見宮博義王殿下がそれぞれ参拝せられ月桂樹の記念植樹をされている。

アクセス

鎮座地:〒774-0021 徳島県阿南市津乃峰町東分343

津峯神社は標高284mの津峯山の山頂に鎮座しますので、参詣には山を登る必要があります。
車でお越しの場合は津峯スカイラインをご利用ください。
8合目まで津峯スカイライン(普通自動車600円)が通っており、8合目には250台駐車可能な駐車場(無料)があります。
駐車場からは300段程の石段か参詣リフト(往復500円)を上がって下さい。阿波の松島の絶景が眼下に見ることができます。

参拝レポート

Hさんより荘内神社を参拝時のレポートを写真付きで頂きましたのでご紹介いたします。

徳島の県南の津乃峰神社(つのみねじんじゃ)に参拝しました。

私はこの神社のある阿南市に生まれ育ったので、

小さい頃から何度も越させていただいていましたし

Instagramで宮司さんとつながりもあり、自然豊かな津乃峰神社をご紹介いたします。

おみくじが種類がいろいろありました。

中でも、傘のおみくじが可愛かったです。

優しい宮司さんと、とっても人になれた3羽のチャボが迎えてくれます。

まとめ

橋本ユリ
こちらの神社は登山が必要な山奥に神社があります。
とても行くのが難しいところにあるからこそ、その分得られるものが多くなるでしょう。

行ける方は是非、一度登ってみてはいかがでしょうか。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。