神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

星田妙見宮(正式名称:小松神社)【参拝レポート】

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、大阪府交野市にあります「星田妙見宮」(小松神社)についての記事をNFさんに投稿していただきました。

  • 星田妙見宮のご利益、御由緒
  • 見どころ
などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益

  • 厄除け招福のご利益
  • 強力な願望成就

ご祭神

  • 天之御中主大神(アメノミナカヌシノオオカミ)
    *仏教では北辰妙見大菩薩  道教・陰陽道では太上神仙鎮宅霊符神
  • 高皇産霊大神(タカミスビノオオカミ)
  • 神皇産霊大神(カミムスビノオオカミ)
≪境内末社≫
  • 【鎮宅社】太上神仙鎮宅霊符神
  • 【三宝荒神社】三宝荒神
  • 【豊臣稲荷社】保食大神
  • 【登龍の滝】不動明王
  • 【竜王社】豊玉龍王・豊正龍王
  • 【青龍社】青龍大明神
  • 【竜神社】金色龍王
  • 【下社稲荷社】倉稲魂大神
  • 【祖霊社】歴代宮司、社守の御霊

由緒


神社の記録には、平安時代、嵯峨天皇の時代に、弘法大師が交野へ来られて秘法を祈られました。

すると、、天から七曜の星(北斗七星)が降り、3ヶ所に分かれて地上に落ちました。

ひとつは「星の森」、もうひとつは「光林寺」、最後の一つが「星田妙見宮」でした。

古代に北斗七星の方向に現れた彗星からの隕石落下地点と考えられています。

弘法太子と縁の深い土地で、後世には天皇を初め、楠木正成、加藤清正なども武士、農民まで広く崇拝を集めました。

また、星に関係する名前が多く、七夕伝説の発症の地とも言われています。

パワースポット

  • 織女石(たなばたいし)
    *巨大な磐座が拝殿の裏に鎮座しています。
  • 七星如意輪観音
    *境内に7つの像があります。生まれ年によって、守護観音が違っています。
  • 登龍の滝(隕石落下地点と言われています)

お札・お守り

  • 「太上秘法鎮宅霊符」(たじょうひほうちんたくれいふ)は、万能のお札と言われています。
  • 「北斗七星」のお守りは種類が多く、生まれ都市や性別によって、各自に合うお守りがあります。

御朱印

アクセス

■正式名称:小松神社
■住所:大阪府交野市星田9-60-1
■電話:072(891)2003


NFさんの参拝レポート

ふもとから長ーい階段を上ると、拝殿に着きます。
天井には、占術版が。
たくさんの灯篭に火が入っています。
持ち上げて、軽ければ願いが叶いやすいというおもかる石。
拝殿の横には、七夕伝説発祥の地である由縁の織女石を祀っています。


社務所には、多くのお守りや護符があります。
生年月日や性別で、守り星を調べて、各自のお札をいただきます。


北斗七星のお札。七つの星のどれかが、自分の守護星になります。

絵馬も八卦版になっています。
トイレの神様。金運アップの神様と言われます。

これが、最強のすべての願いがなか叶うという護符です。
ここは、龍神が住むという滝です。ここに隕石が落ちたと言われている場所です。
神社の由来が、書かれています。

七夕伝説の土地なので、星の祭りが一年で3回行われています。
7月7日の祀りは特に見応えあります。

今度は七夕の時に行きたいなと思いました。

見どころのたくさんある神社ですが、かなり階段は急で長いです。
足に自信のない方は、裏道の方が少し楽に行けました。

星の祭りのロマンと、古代巨石遺跡、北斗七星の妙見信仰の護符やお守りと少し不思議な神社です。

まとめ

橋本ユリ
どんな願いも叶えるという護符は、自分のためでなく、誰かの為に購入される方が多いとか。

誰かのことを本当に案じる気持ちがあるとき、または、自分の道を迷うときには、この神社に参拝してはいかがでしょう。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。