神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

祗園神社(神戸市)【参拝レポート】

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、兵庫県神戸市にあります「祇園神社」についての記事をN.Fさんに投稿していただきました。

  • 祗園神社の御利益、御由緒
  • 参拝されたN.Fさんの感想
などについてお伝えしていきます。

それでは参りましょう!

ご利益(どんな功徳があるか?)

  • 厄除け
  • 疫病退散
  • 水難除け
  • 大願成就

御祭神(祀られている神様)


素盞嗚尊(すさのおのみこと)、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

社歴、由来

平安時代の末期、京都で疫病が流行りました。多くの人々が死んだり、災害が起きました。
無念で亡くなったり、政治で失脚した人たちの祟りが原因とする御霊(ごりょう)信仰が当時流行っていました。

そこで占いをし、姫路の広峰神社にまつられている素盞嗚尊(すさのおのみこと)を京都にお迎えすることに決まります。
今の八坂神社にあたる、京都北白川の東光寺におみこしに載せて、お運びしました。

平野(ひらの)の地には、広峰神社とご縁ある高僧が住んでおり、そのご縁で一泊されたのです。

それを機に祠が建てられたのが、平野祗園神社の始まりです。約1150年の歴史があります。

この祠を8家の庄屋さんが2軒ずつ1年ごとに神主をして奉仕しお守りしてきたそうです。

素戔嗚をお祀りしている神社は数多くありますが、「祗園」と名のつく神社で祀られている
素戔嗚は別名「牛頭天王」と呼ばれて、疫病や災厄を祓う強力な神と信仰されています。

また、平家にゆかりの深い土地でもあります。

パワースポット

一願石

ひとつだけお願い事を聞いてくれるそうです。

御朱印

これがかっこよくて、思わず歓声を上げてしまいました。

アクセス

〒652-0008 兵庫県神戸市兵庫区上祇園町12−1

N.Oさんの参拝レポート

平野商店街から入口が見えます。
こわいほどの急階段です。上から見たらこんな感じです。

昔、お祭りのときに、この階段で将棋倒しの事故が起きたことがあって、それ以来、私達子どもは、祗園のお祭りには連れて行ってもらえなくなりました。
お手水は、すごく素敵な龍神です。
拝殿です。気持ちいいお社です。
拝殿から本殿が見えます。小さいけどお力を感じるお社です

落ち着いた温かい神社です。

素戔嗚らしい、おおざっぱなおおらかさと厳かさ、村の祠だったなごりの親しみやすさがあります。

祗園神社の夏祭は、昔から花火や屋台など、盛大なことで知られています。

平野商店街や、五の宮神社などとも連携して、地域を盛り上げようとされています。

昔ながらの商店街も神社も手を携えて、衰退していくのを食い止めようとしている姿に見えました。
がんばれ、祗園神社!!がんばれ平野商店街!!

まとめ

橋本ユリ
盛大と有名な夏祭の季節に行きたい神社ですね!

参拝される際は、急な階段には十分注意して下さいね。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。