神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

熊野本宮大社【参拝レポート】

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、和歌山県田辺市にあります「熊野本宮大社」についての記事をM.Nさんに投稿していただきました。

  • 熊野本宮大社のご利益、御由緒
  • M.Nさんの参拝レポート
などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益

一願成就

橋本ユリ
どうしても叶えたい願いを叶えてくれるといわれていますね

御祭神

御本社:家津美御子大神ケツミコノオオカミ:(素戔嗚尊すさのおのみこと

西御前:速玉宮・・・速玉大神はやたまのおおかみ:(伊邪那岐大神いざなぎのおおかみ

:結宮・・・夫須美大神ふすみのみこと:(伊邪那美大神いざなみのみこと

東御前:若宮・・・天照大神あまてらすおおみかみ

熊野本宮大社についてはこちらで詳しく説明してします。

熊野本宮大社【参拝レポート】


御由緒

 熊野連山の三千六百峰を形成する、果無山脈。

その山間を縫うが如く流れ、太平洋へと続く熊野川は、まさに熊野の大動脈です。

この熊野川の中枢に、古代より熊野巫大神の鎮座されるお宮が、熊野本宮大社です。

熊野本宮大社は過去「熊野坐神社くまのにいますじんじゃ」と号し、熊野の神と言えば本宮のことを表していたものと推測されます。

熊野坐大神の御鎮座の年代は文献に明白ではありませんが、神武東征以前には既に御鎮座になったと云われており、社殿は崇神天皇65年(紀元前33年)に創建されたと『皇年代略記』や『神社縁起』に記されています。

奈良朝の頃より仏教を取り入れ、平安朝以後は仏化により「熊野権現」と称し、神々に仏名を配するようになりました。熊野本宮大社は上・中・下社の三社から成るため、熊野三所権現と呼ばれています。

また、十二殿に御祭神が鎮座ますことから、熊野十二社権現とも仰がれています。

熊野本宮大社ホームページより引用

アクセス

〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮1110

M.Nさん参拝レポート

月末の出雲大社の参拝に向けて、セミナーに参加していない熊野本宮大社へ、今朝参拝してきました。

もともと、夫と二人で行くつもりが、一人で運転、参拝することになり、修行のような行程になりました。

我が家は大阪市内の東南の端の方にあり、高速を使っても、地道でいっても、ナビでは片道4時間前後

行きは、国道310号線から、168号線を通る、奈良県から向かう、全行程が地道を選択したのですが・・・。

朝5時前に家を出て、途中小雨が降ったり、霧で煙る中の国道310号線は、とても厳しい山道。

ちなみに以前、天河神社に行くときに、309号線山越えを経験したのですが、それよりも厳しかった。

五條市内から168号線に入った時の安堵感と言ったら・・・。

途中、上からのぞむ川の様子がすごかったです。

谷中の吊り橋
何度も山を登ったり降りたりしながら、氣になっていたのは、「玉置神社」まであと何キロの標識。

途中、脇道に入るようだったので、行きはやめて、熊野本宮大社を必死に目指しました。

8時前に、無事到着

まずは 大鳥居をくぐり大斎原へ
大斎原案内板
産田社写真
参道入口写真
祓戸大神写真
拝殿写真
撮影禁止と書かれているところが多かったので、写真は少なめですが

雨ではなかったものの、この感じは、晴れの日とはまた違った趣きだったかもしれません

朝が早かったので、参拝の方はまだ少なく、落ち着いて参拝できました

もうで餅を買って
168号線を、十津川村に向かってもどりました。

まとめ

橋本ユリ
アクセスは不便なところにありますが、とても雰囲気が良い神社です。

是非一度参拝して頂きたい神社ですね。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。