神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。

川越氷川神社【参拝レポート】

2019年7月22日







こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、埼玉県川越市にあります「川越氷川神社」についての記事をUさんに投稿していただきました。


  • 川越氷川神社のご利益、御由緒

  • 八岐大蛇ヤマタノオロチ神話の神話


などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

御利益



  • 夫婦円満

  • 縁結び


御祭神



  • 脚摩乳命(あしなづちのみこと)

  • 手摩乳命(てなづちのみこと)

  • 素戔嗚尊(すさのおのみこと)

  • 奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

  • 大己貴命(おおなむちのみこと)


橋本ユリ
脚摩乳命、手摩乳命、素戔嗚尊、奇稲田姫命は八岐大蛇ヤマタノオロチ神話で登場する神様ですね!!


↓ の記事で詳しく説明しています。

素戔嗚尊(スサノオノミコト)


御由緒


川越氷川神社は今から約千五百年前、古墳時代の欽明天皇二年に創建されたと伝えれらています。
室町時代の長禄元(1457)年、太田道真・道灌父子によって川越城が築城されて以来、城下の守護神・藩領の総鎮守として歴代城主により篤く崇敬されました。
江戸時代に入ってのちも歴代の川越藩主より社殿の造営や特別の計らいを受けました。
現在の本殿には緻密な彫刻が施されており、県の重要文化財となっています。
また、昔より縁結びの神様としての信仰を集め、人々のご縁を取り持ってまいりましたのは、お祀りしている五柱の神様(ご祭神)にあります。







川越氷川神社HPから引用

アクセス


住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3

投稿者Uさんの参拝レポート








この1年間リハビリがてらにパトロールをさせて頂いてます地元の川越総鎮守川越氷川神社へ参拝しました。
御祭神は、素戔男尊、奇稲田姫、大己貴命、脚摩乳命、手摩乳命
大宮にある武蔵一宮氷川神社と同じです。

由緒は、541年入間川で光る物を見つけ、これは氷川神だというので勧請したのが始まりです。
川越といえば、あまり有名ではないのですが河越城を建てた太田道灌おおたどうかんがいます。
その方が歌を詠んだ、ゆかりの神社です。
境内に柿本人麻呂神社、八坂神社、護国神社があります。


大鳥居は木造によるものとしては、日本有数のもので、勝海舟が額の社号を書いたとされています。

江戸風鈴や入口風車、トンネル風に配置した絵馬通りなどいろいろ工夫をしています。
ここの神主さんは、折りにふれて神社の経営が大変で、若い神職が結婚できないと言っていました。
近くに氷川会館というのがあり、結婚式場と飲食を運営して、出会いや式場を利用していただくのを意識した祭や物の販売をしています。
とても、サービス満点のイノベーション的な運営をしていて、川越の観光スポットの一つになっています。

特に女性が多く訪れ、観光客にも人気になっています。
川越祭りが有名で秋に山車29基を川越市中を巡行します。


桜祭りには、後ろ手にある桜並木の川で、船から鑑賞できます。

出会いの功徳があるかどうかは不明ですが、川越の観光地としての繁栄を見ると、何かしらの働きがあると感じています。
寺社仏閣の密集地となっているので、住んでる方々は穏やかで若者も多いです。


ただ、最近ここもアジア各国の移住者が住み始めて、東京を中心とした鉄道沿線上のアジアン静脈留の一つとなりつつあります。
地震や戦災にあわずに街並みが残っているのも、立地がよかったところではあります。

まとめ


橋本ユリ
二柱の夫婦の神様を祀っており、とても縁結びの功徳はありそうな神社ですね。

縁というのは、いろいろな縁がありますので、誰かとの関係性を深めたい時におススメの神社とも言えます。

ぜひ近くに来られた際は、立ち寄ってみることをおススメします。








これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。