神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

明石駅近隣の神社「熊野神社」、「腕塚神社」


こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、明石の駅近くにあります「熊野神社」と「腕塚神社」についての記事をNFさんに投稿していただきました。



明石駅から徒歩で行ける神社を2つご紹介します。

一つ目は、比較的大きな神社なのに荒れ果てたところ。カメラを向けるのもはばかられました。
アップしていいものかと思いましたが、神社の現状を知って欲しいので記事にします。

もう1つは、祠のように小さな神社で、切り落とされた腕をお祭りしているという、ちょっとびっくりなご神体ですが、地元の人が大切にお祭りしている神社です。

それでは参りましょう!

熊野皇大神社

ご利益

  • 一願成就
  • 再生(魂の蘇り)

ご祭神

  • 伊邪那岐命
  • 伊邪那美命

ご由緒

信長が高山右近を攻めた時、稲爪神社が焼失しました。

その時にご祭神を仮に安置していた場所だったそうです。

稲爪神社が再興したあと明石城主が、熊野三社(熊野坐神社 熊野那智神社 熊野速玉神社)を勧請しました。

住所・アクセス

〒673-0876 兵庫県ヒョウゴケン明石市アカシシ東人丸町ヒガシヒトマルチョウ6-6
・山陽電車「人丸前駅」下車、北東へ徒歩5分
・山陽電車「大蔵谷駅」下車、北西へ徒歩3分

参拝レポート


落ち葉の溜まった階段を上がります。 拝殿は比較的綺麗ですが。

龍の頭が壊れたお手水
柄杓が水に落ちていたので、思わず拾いあげましたが、柄が折れていて、水は、びっしり緑藻で、ドロドロでした。

さらに、奥には稲荷が三社あり、一つは、社殿が崩壊。悲しくて撮影できませんでした。

一度は、神主さんが主導で再興した神社のようですが、何があったのか、お祀りしている人も、参拝されている人もおられない様子でした。

腕塚神社


御神体が切られた腕という、おどろおどろしいはずが、何とも暖かなお社です。

ご利益

腕の病に霊験あらたか

御祭神

源平合戦の戦いで切り落された平清盛の末の弟、平忠度の右腕をお祀りしています。

由緒

(神社のご由緒書きより)

源平の一ノ谷合戦に敗れた薩摩守 平忠度は、西へ西へと落ちていきました。

源氏の将、岡部六弥太忠澄は、家来とともに追いかけます。

忠度の家来は次々討たれ、忠度は一人になって逃げますが、明石の両馬川(りょうまがわ)で、忠澄に追いつかれます。

相打ちになった二人はともに馬を乗り捨て、組み合います。忠度は武勇に優れ、忠澄を取り押さえて首をかこうとしました。

しかし、忠澄の家来が駆け寄って、忠度の右腕を切り落としてしまいます。

「もはやこれまで」と、忠度は念仏を唱え討たれました。

箙に結びつけられた文を広げると「行きくれて木の下陰を宿とせば花や今宵の主ならまし 忠度」

と詩歌が書かれていて、初めて忠度と分かりました。

平忠度は、清盛の末の弟で、歌人でもありました。享年41歳でした。

敵も味方も、文武にすぐれた人を、と惜しんだということです。

神社には木彫りの手が置いてあり、それで、幹部をなでると、回復すると伝えられています。

アクセス・住所

673-0898 兵庫県明石市天文町1丁目1

山陽人丸駅から徒歩1分


参拝レポート

腕塚神社は、道の端っこに小さくお鎮まりになっています。

神社というより祠のようですが、綺麗にお掃除され、狭い敷地に歌碑も立ち、由来書を持ち帰れるようになっています。
腕の病に霊験あらたかとか。

清潔なお社には、由緒書きも雨を避けるようにして置いてあります。

橋本ユリ
腕の病にお悩みの方は駅近くですし、ぜひお参りしてくださいね。

まとめ

明石は、小さな神社が点在しているのですが、駅の近くにも、いくつか神社があります。

祠のような小さな神社も、それなりの大きさの神社も。
大きくてもさびれている神社もあれば、祠のような小さな神社でも地元の人から愛されて、温かくお祀りされている神社もあります。

橋本ユリ
大きな神社に参拝する事も大事だけど、地元の小さな神社を敬愛して、足しげく通う事も同じくらい大事だな、と思うのです。
地元の人の信仰が無ければ、消えていく神社がたくさんあるのです。


神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。