神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

休天神社、菅原道真の歴史が残る場所【参拝レポート】

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、兵庫県明石市大蔵天神町にある、地元の人から休天神(やすみてんじん)と親しまれている「休天神社」についての記事をN.Fさんより投稿していただきました。

  • 休天神社のご利益、歴史
  • 周辺の情報
などについてお伝えしていきます。

それでは参りましょう!

ご利益(どんな功徳があるの?)

御祭神(祀られている神様)

菅原道真公すがわらのみちざねこう

一般的には学問の神様とも言われますが、

道真という名前の通り、真の道を究めた人であります。

道を導く、成就させてくれるという功徳があります。

道の成就・・

人生の道を明確に定めてくれる、一つ道を定めてくれるという功徳があります。

橋本ユリ
自分の進もうとしている道の後押しをしてください!とお祈りするといいですね。

社歴

「明石天満宮:休天神(やすみてんじん)」

菅公聖蹟二十五拝かんこうせいせきにじゅうごはいの一つとして菅原道真公と由緒深い25社の一つに選ばれています。

天満宮は、摂社・末社を含め、全国におよそ一万2千社あるといわれています。

休天神は播州街道(今の国道2号線と重なる)沿いにあります。

その昔、街道沿いには、馬や人を休める宿場がありました。

菅原道真公が、太宰府に左遷されたとき、この道を通られました。

当時の駅長は、菅原道真公をお迎えして、以前とあまりに違うお姿を嘆きました。

菅原道真公はその志を喜んで、(罪人に同情することは禁じられていたため)楼のそばの石に腰かけて、その駅長に漢詩を書いて賜りました。
『駅長驚くなかれ 時の変り改まるを 一榮一落 これ春秋』
この駅長は、菅原道真公の死去の報を聞いて とても悲しみ、その時、道真公が休まれた石の近くに祠を立てて祀りました。

のちに、明石城主の松平信之が菅原道真公の才と忠義を称え、神社を立てました。これが、休天神です。

境内案内

では、神社のご案内をしていきましょう。



橋本ユリ
菅原道真と縁が深い牛がお手水になっていますね。



境内は半分が駐車場です。祭事のときには、借りている人も車を止められません。

橋本ユリ
菅原道真公をお慕いした駅長は今もこの神社を守っています。


牛が、そばにひかえています。



橋本ユリ
拝殿の様子がこちらです。




拝殿の裏に千鳥破風作りの本殿がありますが、その横にあるのが、菅原道真公が座って休まれた石です。



梅の木がたくさんあります。実が育ち始めています。

アクセス

兵庫県明石市大蔵天神町2-7

https://goo.gl/maps/srmUkBCHXN6NCDeo7

電車:山陽電鉄「人丸前駅」から徒歩4分

御朱印・お守り

社務所がありますが、近くの神社の神主さんが兼務されているので、常駐されていません。
氏子たちが、役割分担してお守りしている神社です。

社務所に関係者の方がいれば、いただけるのかもしれません。


絵馬は、飾られていたのであると思います。

2-RIMG0024.JPG

周辺情報


橋本ユリ
菅原道真公が大宰府に左遷されたとき、この道を通りました。



菅原道真公が詠まれた漢詩です。

まとめ

菅公聖蹟二十五拝となっている休天神社。

道真公の歴史を感じたい方、自分の道を定めたい方などにおすすめの神社といえます。

最後に参拝された方からの投稿を紹介して終わりたいと思います。

N・Fさん(女性)の参拝レポート

全国にある1万の天満宮のうち、10の神社が、「菅神十国霊社」に定められています。
たとえば、
菅公が亡くなった墓所の上に建つ、筑前太宰府天満宮
全国三大祭りの一つで 盛大な船渡御で有名な、摂津大阪天満宮、
菅公のたたりを恐れて平安に作られた山背北野天満宮など、
そうそうたる大神社が選ばれています。

が、この神主様が常駐していない小さな明石の天満宮も
「播州明石天満宮」として名を連ねています。

この神社には、絵を奉納させていただきました。
お祭りのときは飾って下さるから嬉しいです。
(これは同じ絵をご友人が描かれたもの。画像がないので拝借しました)

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。