神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

伊弉冊(いざなみ)神社はこんなところ!【明石市】

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、兵庫県明石市にあります「伊弉冊(いざなみ)神社」についての記事をN.Fさんより投稿していただきました。

  • 伊弉冊(いざなみ)神社のご利益
  • 地元民がオススメするパワースポット、周辺施設
などを写真満載でお伝えします!

それでは参りましょう!


ご利益

御祭神

伊弉冊(いざなみ)神社に祀られているのは、イザナミ大神様です。

相殿にはスサノオ様が祀られています。


国生み、神生みをしたイザナギ、イザナミのうち、女神であるイザナミ大神様を祀っています。

イザナミ大神を単独でお祭りし、社名にいただいている神社はあまりなく、珍しい神社だと思います。


母神様に会いたくて、黄泉まで追いかけて行きたいと、オンオン泣いたスサノオ様が

念願通り、イザナミ様と一緒にお祀りされているのも、ほほえましいです。

 

橋本ユリ
こうした小さい神社は、氏子も大きな会社の社長がいるわけでなく、ご自分たちの生活のために別のお仕事もしながら、お守りして下さっています。

こうして神社が続いていくのは、本当に並大抵なことでなく、ありがたいです。

イザナミ大神のご利益

イザナミの神格として、万物を生み出す生成力、死をつかさどる神、大地の母神という性格があります。

そのため、御利益としては、
  • 安産祈願
  • 子宝
  • 延命長寿
  • 縁結び
  • 女子力アップ
  • 事業成功
などが挙げられます。

イザナミとスサノオの関係

イザナミとスサノオは、母と子の関係です。

スサノオは生まれた際に、事情があって、イザナミの愛情を受け取ることができませんでした。

そこで、スサノオは泣きわめいた、という神話があります。

その後たくさんのイタズラをしたり、悪行を働いたりしますが、スサノオはヤマタノオロチ退治のヒーローになっていきます。

橋本ユリ
こうした母子のストーリーを感じながら、参拝したら、より神様を具体的に意識して祈ることができるので、受け取れるご利益の深さが変わってきますね!


 

お手水の龍神さま。

私はいつもお水をかけて洗い、蜘蛛の巣を取ったり、大事に思っています。


拝殿に進みます。
ご神紋は橘です。
この提灯の事を亡き宮司さんがお話してくれました。

なんでも、痛んでいるから新しいのを注文したら、サイズが違っていて使えなかったんだとか。

この文字や絵を書ける提灯職人が近くにいたのですが、その方もご高齢で亡くなってしまい、新調できないとおっしゃっていました。

 

神社を支えるのは宮司さんだけでなく、たくさんの職人さんたちもいます。

その文化を私たちは少しずつ失ってきている気がします。

 

拝殿です。近所の方が折々に参拝されています。

社歴、由来

御由緒については、おぼろげなことしかわかりません。

羽柴氏が三木城を攻めた時の兵火で、社殿も旧記もことごとく焼失したそうです。
その後も太平洋戦争の戦災でも社殿すべて焼失、昭和37年に再建したのちは、阪神淡路大震災で被害を受けました。

社殿を失うたび、そんなに裕福でない漁村の民が、再建費用を工面しては、立て直してきたのですね。

言い伝えによると、淡路海人部の斎奉った祭神を主神として、瀬戸内海に点在する加茂系の神人が、神社の創建に関わったと言われています。

延喜式神名帳では、明石郡九産の一つ、伊和都比売神社で崇神天皇のときに勧請された式内社です。
*伊和都比売神社は、赤穂にある神社です。
三木城主や、明石城主の松平氏も寄進するなど、崇敬を受けました。

戦前、秋の祭典では神輿を明石川に浸し練り歩く、漁村の若者たちの勇壮な神輿神事がありました。
(堤防ができたため、今は行われていませんが、主人が子どもの頃はまだ川を神輿が渡っていたそうです。)

この神輿は「ふとん太鼓」というもので、子どもたちが神輿にのって太鼓をたたきます。
市内には、40の神輿があります。

パワースポット

三本松

1000年を経た松の巨木は枯れてしまいましたが、2歳目のご神木「三本松」です。

根のところが3つに分かれています。

さなぎの森の名残の松林

明石の浜は、今は埋め立ててコンクリートで固められていますが、昔は美しい砂浜でした。

強い潮風の防風林として、老松がはう松林が続いていました。
そこは「さなぎの森」と呼ばれていました。

もともとは東西にはるかに広い境内を持っていたのです。
これは、少し離れたところに残っている名残の松林です。

末社

末社の、福徳三宝荒神様と大地主神社、猿田彦神社です。
ここの楠も不思議な幹でしょう?

お守り

お守り情報ナシ。

社務所はこのような佇まい。

御朱印


 

大きな神社ではありませんが、いつもきれいに手入れされています。

アクセス

所在地: 〒673-0895 兵庫県明石市岬町19−8

電話: 078-911-3931

JR山陽明石駅から


山陽新幹線・西明石駅から


駐車場

あり(10台)

周辺施設

神社は明石の海にほど近い場所にあります。漁師さんから信奉を受けてきました。
おそらく、元々は海から直接参拝に上がってこれる神社だったと思われます。

明石大橋の見える、明石漁港の浜です。
海の向こうに見えるのは淡路島。
ご主人のイザナギ大神様をお祀りする伊弉諾(イザナギ)神宮があります。
振り返ると神社が見えます。
おそらくご神域ですが、マンションと駐車場になっています。

明石川は、昔は川底から清水がわき出す美しい水で、洗濯に使われていた事から、「衣川(きぬがわ)」という別名があります。

高度経済成長の時代、一度はヘドロまみれになって、メタンガスがボコボコしていた時もあったそうです。
でも、今はかなりよくなっています。
私たちの想いひとつで、環境を良くすることはできるのです。

参拝された方(N.Fさん女性)のお話

私がこのイザナミ神社を紹介したいと思ったのは、

神仕組みがうまく回るために、イザナミ大神様のお力が充分働くことが必要だと、以前セミナーで羽賀さんから聞いたからです。

 

「イザナミ大神様に、何か私達ができることはないのですか?」

と聞いたら、

羽賀ヒカル
「気持ちを向けて祈るといいですよ」


と答えてくれました。

 

なので私は今、できるだけ毎日参拝して、イザナミ大神様のイヤサカを祈念しています。

この記事を見て下さった方が、ご一緒にお気持ちを向けて祈って下さったら嬉しく思います。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。