神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

八幡神社(元石清水八幡宮)-奈良県奈良市-[参拝レポート]

2020年11月16日

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、奈良県奈良市にあります「八幡神社(元石清水八幡宮)」についての記事をYSさんに投稿していただきました。


・八幡神社(元石清水八幡宮)のご利益、御由緒
・ご祭神の神話
などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

 

YSさんの参拝レポート


氏神様の八幡神社へ初詣参拝してきました。

大安寺を守る鎮守神社です。








安産にご利益があると言われ、「子安八幡宮」とも呼ばれています。

本殿下にあるたくさんの土製の鳩は、安産祈願の方がご奉納されたものです。

 

鳩みくじを引いてみると「中吉」でした。

あまり欲張らず、しっかりと地に足つけて一歩ずつ歩んで行こうと思います。

 

ご利益


「武神」「弓矢の神」で、高い志を立てて生きる人を
応援してくださいます。

  • 国家安泰

  • 産業発展、商売繁盛

  • 家運隆昌、子孫繁栄

  • 成功勝利

  • 学業充実

  • 交通安全

  • 疫病災難除け


御祭神



  • 応神天皇

  • 神功皇后

  • 仲哀天皇


八幡神のお使いは、ハトです。

 

社歴、由来


大安寺に伝わる古文書によると、大安寺の僧侶行教が唐から帰国した時に、

九州の宇佐八幡宮に参拝してご神影を持ち帰り、石清水房にお祭りしました。

後に神社を立てて、「石清水八幡宮」は、大安寺の鎮守神となりました。

しかし、貞観元年(859年)に神託によって山城男山へ遷座したのです。

改めてその跡に祀ったのが、八幡神社です。

しかし、石清水八幡宮は、それを認めておらず、対立したこともあります。

((注)諸説あります)

アクセス


〒630-8144 奈良県奈良市東九条町1316



JR奈良駅、近鉄奈良駅から「白土町」・「シャープ前」・「イオンモール大和郡山」・「杏南町」・「杏中町」行き乗車、「大安寺」バス停下車、南西に徒歩12分、または「南京終町」バス停下車、北西に徒歩9分

まとめ


橋本ユリ
志を立て何かを決意した時には
お力を借りに行きましょう。安産でも信仰篤い神社です。


 


これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。