神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

八雲神社(明石)【参拝レポート】

2019年11月29日

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

 

橋本ユリ
今回は、兵庫県明石市にあります「八雲神社」についての記事をNFさんに投稿していただきました。


  • 八雲神社のご利益、御由緒

  • ご祭神の神話


などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益



  • 家運隆昌

  • 成功勝利


ご祭神



  • 八雲大神 (ヤクモノオオカミ)  *牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰八雲という神社名の由来ですが、スサノオがヤマタノオロチ退治をして、クシナダ姫を娶ったとき詠んだ、日本最初の和歌と言われる歌にあります。「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を」スサノオは別名〔牛頭天王〕とも言います。韓国とも関係があった神様でないかと言われています。


アクセス


673-0036 明石市松江字東出口496   山陽電鉄「林崎松江海岸駅」より西へ1000m


参拝レポート


松江の海水浴場からすぐの浜に面したこじんまりした神社です。

サイクリングロードが浜側にあり、東西に長く続いています。

松林があります。明石浜は戦前まで松林が美しく続いている浜だったそうです。

今は、神社周辺や公園にそのなごりがあります。




狛犬さんのお顔が好みです。


遥拝所と書かれています。どこの神社を遥拝するのでしょうか・

松林を通して、美しい夕空の光が差していました。

誘われて、浜へと降りて行きました。

けぶるような雲が遠くに人をいざなうようです。

明石の浜に住んできた人たちもこの空や海を見たんだなあと思います。

人は変わり、海や空も緩やかに変わりながらここにあります。

まとめ


橋本ユリ
松林を八重垣にして、大切に守られた聖域に心が澄んできます。本当の成功や勝利とは何か?が感じられる場所です。


これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。