神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

蛭子神社群(明石川西地区)【参拝レポート】

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、兵庫県明石市にあります「蛭子神社群」についての記事をNFさんに投稿していただきました。

  • 蛭子神社のご利益、御由緒
  • 蛭子様の神話
などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益

  • 商売繁盛
  • 大漁
  • 五穀豊穣
  • 航海安全(海上安全)
  • 開運招福
 

御祭神

  • 蛭子大神(えびすおおかみ)(ひるこおおかみ)

社歴、由来

明石の浜には、たくさんの蛭子神社があります。

明石の漁師さんの大漁を願う気持ち、漁から無事に帰りますようにという祈り、海で亡くなって流れ着いたご遺体をお祀りするなど、色々な理由から作られています。
稲荷神社と一緒にあることが多いのも特徴です。
今回は、明石川の西側から、林漁港まで広がっている蛭子神社群を取り上げます。


蛭子様の神話

七福神のうち、恵比寿様だけが日本古来の神様です。

イザナギとイザナミの最初の子どもとして生まれますが、手と足のない蛭のような赤子だったので、葦の船で流されてしまいました。
流れ着いた鳴尾浜(西宮~神戸あたり)で拾われて大切に育てられ、ご祭神になりました。

NFさんの参拝レポート

前回は明石川の東側のエビス・イナリ神社群を参拝しましたので、残っていた西側を歩きました。

明石川に近い浜から回って、北側を通って帰ってきました。

最初の神社です。蛭子神社、だと思います。
神社名はありませんでした。

蛭子神社

大漁の願いが込められています。
明石の浜近くです。漁船が並んでいます。
明石特産のタコ漁のためのタコ壺です。

アクセス



これから先の神社は、最初の蛭子神社を浜の道に沿って真っすぐ西に行くと、次ぎ次ぎに出てきます。

蛭子神社

次の神社は少し奥まったところにあります。

鳥居が手前にあるので、見つけやすいです。 蛭子神社

屋根の飾りにご注目。明石名産の蛸と鯛です。
明石鯛の鮮やかな飾りが欄間にあります。
大漁を願う石碑も立っています。

蛭子神社

この神社にはウミヘビの装飾でした。ウミヘビも神様のお使いなんですね。 林崎の最後には、海の命をいただく事に対する感謝の石碑が立っています。
いくつかの神社は見つけられなかったか、無くなってしまったのか。
ここから北に上がり折り返します。

厳島神社

ご利益

  • 心願成就
  • 歌舞音曲 技芸上達
  • 繁栄発展

ご祭神

 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
*弁天様としても知られています。

若宮神社

この辺りでは大きな神社です。
御手水もありますし、神社内は、きれいにお掃除されていました。
摂社もありました。遠く、神戸や大阪からも寄進があります。

ご利益

  • 豊漁豊作
  • 航海の安全
  • 人生行路の安全

ご祭神

  • 少童海命(わたつみのみこと)
  • 応神天皇(おうじんてんのう)
  • 国常立命(くにとこたち)
  • 神功皇后(じんぐうこうごう)

アクセス

〒673-0034 兵庫県明石市林2丁目2−21

まとめ

橋本ユリ
明石の浜を散歩しながら神社にお参りしていると、
命を頂いて生きている事を感じます。
感謝の心が深くなります。
それは、とても大事な時間ではないでしょうか?

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。