神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

神社参拝の仕方~神様に喜ばれる参拝作法~

こんにちは、北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

今回は、神社へお参りに行く際に「絶対に押さえておきたい礼儀とマナー」に関するお話です。

あなたはこれまで、さまざまな神社へ参拝したことがあると思いますが、その際、参拝マナーや礼儀に関して、どのくらい勉強されましたか?

もしあなたが「参拝にマナーや礼儀なんているの?行くことが大事だし・・・」と思っていたら要注意!

なぜなら、参拝の仕方によっては、不運・不幸な方向へ行ってしまう可能性があるからです。

神様の多くは、山積みの課題を抱えて厳しい状況。
なので、キラッと光る人や、強い思いのある人でなければ、相手にしてもらえません。

たとえば、服装一つにしても、もし、あなたが「ジャージ」や「スウェット」で行ってしまうと「それだけの気持ちなんだな」と思われてしまうでしょう。
神様とのご縁に溝を作らないよう、ぜひ、今回の礼儀とマナーを押さえておいてくださいね。

ステップ1.まずは、参拝に行くことを決める

まず初めに大事なのは、「参拝に行く!と決めること」です。

実は、神社参拝は行くと決めた日から始まっています。
デートを考えてみてください。

あの人とデートに行こう!と心で決めたときから、「どうやったらあの人は喜ぶかな?」と思いを巡らせますよね。そうすると、なぜか直感や閃きから最適な答えが出てきます。

つまり、いいデートになるかどうかは、行くと決めたその日からの準備によって変わるわけです。
神社参拝も、デートと同じです。

どんな心構え・準備で行けるかどうかで、参拝した時にいただける運のエネルギー量が全く変わります。

参拝に行くことを決めたら、毎日神様にご挨拶するような気持ちで過ごすことが大切です。

主祭神(デートに行く人)が誰かわからない、なんて論外。
「すごい人に会いに行くんだ」と思って、しっかり調べてくださいね。

ステップ2.服装は正装で!

神道には、「こうしなければならない」というルールはありません。なので、前提としてはどんな服装でもいいんですね。

ただ、想像してみてください。

パジャマのような適当な服装の人があなたに会いに来たら、あなたはどう思いますか?
反対に、スーツや着物など正装で会いに来てくれたら、あなたはどう思いますか?

正装の方が、誠意や真心が通じやすいんです。それは、人も神様も同じ。
心は形に宿り、形は心に宿ります。
自分の気持ちもそこから変わるはずです。

ぜひ、正装を準備して行ってください。

ステップ3.鳥居をくぐる

鳥居には2つの役割があります。
  • 神様の世界の入り口
  • 結界(=邪気・邪霊の侵入を防ぎ、穢れのない神聖な空間を保つ)
鳥居の前では一礼し、「ここから先は神聖な空間だ」と思って入りましょう。

ステップ4.参道を歩く

参道の真ん中は「正中(せいちゅう)」と言って、神様の通り道です。

左もしくは右に寄って歩きましょう。

横切るときは、会釈するなどして、敬意を表すのもいいですね。

ステップ5.手水舎で御手水をする

神様と人の違いは、穢れがあるかどうかです。神道では、神域に入るのはみな神と考えます。
心身の罪穢れを手水舎(てみずや、ちょうずや)で祓い清めてから神域に入りましょう。

具体的な流れを説明します。
  1. 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水をすくって左手にかける
  2. 柄杓を左手に持ち替えて、右手に水をかける
  3. 柄杓を右手に持ち替えて、左手で水を受け、その水で口をすすぐ
  4. 左手に水をかけて清める
  5. 柄杓を立てて柄に残りの水をつたわせて清め、もとの位置に戻す
このとき、大事になるのがイメージです。
御手水をしながら、心の中のネガティブなものがクリアになるのをイメージしてみてください。
視覚的には、黒いモヤがクリーニングされているところを想像するとわかりやすいと思います。

ステップ6.参拝する

実は、参拝方法は一つではありません。
必ず本殿や拝殿に近づかなければならないわけでもないんです。
人が多かったり、よくない感じを受けたりした場合は、参道や本殿の脇で祈るのもOK。
天を仰ぎ見て、神様と繋がっているのをイメージすること
が大切です。

基本の参拝方法

  1. 拝殿に来たら、軽く一礼する
  2. お賽銭をそっと静かに入れる
  3. 鈴があれば鳴らす
  4. 二礼二拍手一礼
心を静め、呼吸を深くしてから、2回深いお辞儀をします。

手を合わせ、一呼吸おいてから両手を少しだけ斜めにずらし、パンパン!と、よく響くように2回柏手(かしわで)を打ってお祈りください。
最初に神様の名前、次に自分の名前とどこで何をしているかを伝えます。
お願い事はできるだけ具体的に心の中で述べましょう。
最後は「かむながらたまちはえませ(あとはすべて神様にお任せします)」と言って締めくくります。
1回深いお辞儀をして下がりましょう。

お賽銭について詳しくは、
5円10円入れてない?正しいお賽銭の作法とマナー

お願い事については、
「神社で願い事をしてはいけない」は嘘!叶う・叶わない願い事の違いとは

を、お読みください。

まとめ.大切なのは神様への熱い思い

いかがでしたでしょうか?

色々なマナーがあることを知っていただけたと思います。これらのマナーはすべて、「熱い思い」から生まれるもの。

神様のことを本気で思えば、自分の悩み・願いを本気で伝えようとすれば、自ずと決まる行動です。

神社参拝に行く際は、神様に対する熱い思いを大切にしてくださいね。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝作法・マナー」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。