神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

5円10円入れてない?正しいお賽銭の作法とマナー

こんにちは、北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

あなたは、神社でのお賽銭について
「ご縁がありますように」
「始終ご縁がありますように」
と5円や45円を入れると聞いたことはありませんか?

日本は「言霊の幸わう国」と言われ、響きや語呂合わせを重視しますが、お賽銭の金額にはあまり意味がないんです!

今回はせっかくのお賽銭をもっと意味と効果のあるものとして活かすためのポイントをお伝えします。

それでは参りましょう!

お賽銭の最適額は「自分にとって少し痛い金額」

お賽銭で最重要なのは、気持ちを込めて納めることです。
気持ちの度合いは、自分の意志で変わる部分もありますが、それ以上に大きく影響するのは“状況”

大学生であれば
「うーん、1,000円も痛い」
と思うかもしれません。
逆に大金持ちなら、
「うん、別に10万円くらいなら払えるよ」
と思う方もいるでしょう。
このとき、神様から見てエネルギーが高いのは、大学生です。

「うーん、千円、痛いかもしれないけれど、このお金でどうか自分の開運を導いてください。
(神様の繁栄・発展のためにどうかよろしくお願いします)」

と祈る方が気持ちがこもるのです。

お賽銭を硬貨で出すのは無意味

巷では以下のような語呂合わせから賽銭額を決める方もいるようですが、これ、本当に無意味なので今すぐやめましょう!
賽銭額 意味
5 ご縁
10 遠縁
11 いい縁
20 二重縁
25 二重にご縁
41 始終いい縁
45 始終ご縁
5円や50円は穴が開いているため「見通しがいい」ので縁起がいい、という考えも同じです。

これには理由があります。

お札の素材である紙は人の気持ちを乗せやすいのですが、硬貨は気持ちがこもりにくいのです。

一番いいのは新札(ピン札)
なぜなら、紙は人の気持ちが乗りやすいからこそ、いろいろな人の手を経ていると、その人たちの気がこもってしまっているからです。

とは言え、参拝の度に新札を用意するのはなかなか大変なことだと思います。
かえって神社から足が遠のいてしまっては元も子もないので、最低限、硬貨ではなくお札を納めるようにしましょう。

なぜ「5円」をよしとする誤った情報が流れているのか

「5円がいい」とは昔から言い伝えられていることです。
それが今の時代に即していないのは、インフレによってお金の価値が変わったから。
明治時代の5円は、今の20,000円くらいの価値があったと言われています。

当然、多くの人にとって気持ちを乗せやすい金額に違いないですから、語呂と相まって推奨されていたわけですね。

そもそもお賽銭の起源とは

お賽銭は、元をたどると神様に対する捧げものです。
お米が捧げられていた時代もあります。
そこから、気持ちを込めるための一つの物実ものざねとして、お金が納められるように変化していきました。

正しいお賽銭のやり方

お賽銭は賽銭箱に入れるのが一般的ですが、実はお札だと結構入れにくいことも多いんです。

一番いいのは、封筒に入れて社務所にお納めすること。
お祈りする位置も、賽銭箱の近くである必要はありませんので、非常にスマートな参拝にできます。

ちなみに、初詣など大混雑しているとき、遠くから硬貨を思いっきり投げつける人がいますが、絶対にNGです。
物理的にも危ないですし、神様に対しても失礼なのでマネしないでくださいね!

まわった神社すべてにお賽銭を入れないのもあり?

大きな神社だと、境内の中に摂社・末社としてたくさん神社があることがあります。

「巡る神社すべてに賽銭を入れないといけないの?」
と疑問に思いますよね。

実は、各場所のお賽銭は最終的に社務所へ一つにまとめられるため、1回お賽銭をすればOKです。

その神社の神様すべてに捧げるつもりでお納めしましょう!

橋本ユリ
がーん!
これまで神社に行くときは、頑張って5円を作ってお賽銭してました!

それも無意味だったってことですよね・・・?

羽賀ヒカル
知らずにそうしていたことは神様もご存知ですから、気に病む必要はないですよ。

神様とのご縁つなぎのために“わざわざ”5円を作っていたのなら、そのとき手元にあった10円を適当に入れるよりは気持ちがこもっているとも言えます。

でも、やっぱりお札の方が、より自分もお願いごとに対して真剣になれると思いますので、これからはお札を納めてみてくださいね。

橋本ユリ
ほっ・・・。
よかったです、それを聞いて安心しました!

ところで羽賀さんは著者でセミナー講師なら、もう何十枚も納めちゃってたりするんですか?

羽賀ヒカル
そうですね、こんな感じです。

橋本ユリ
って全部千円札ーーー!?

※この会話内容はフィクションです

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社参拝」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。