神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

阿智(あち)神社【参拝レポート】

2019年6月30日

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、岡山県倉敷市にあります「阿智(あち)神社」についての記事をTさんに投稿していただきました。


・阿智(あち)神社の御祭神、ご利益、御由緒
・神社参拝レポート
などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益(どんな功徳があるか?)

・交通安全
・海上安全
・美容健康
・芸能上達
・商売繁盛

橋本ユリ
いろんなご利益があるんですね。
私も美しくなっていけるよう願っていきたいです。

御祭神(祀られている神様)

宗像三女神(むなかたさんにょしん)
  • 多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)
  • 多岐都比売命(たぎつひめのみこと)
  • 市寸嶋比売命(いちきしまひめのみこと)
天照大神と素戔嗚尊が誓約(うけい)つまり神様にお伺いを立てる占いをしてお生まれになった三柱の神。
また、「道主貴(みちぬしのむち)」として交通や航海の安全を守る神とされています。
中でも、市寸嶋比売命は弁財天と合わさって、商売・美容・芸能の神としても祀られています。

宗像三女神の神話、ご利益について、詳しくは下の記事をご参照ください↓

宗像大社は世界遺産、御朱印アクセス、「海賊とよばれた男」との関係


御由緒

阿智神社・公式HPより引用:https://achi.or.jp/achi

『日本書紀』「応神天皇二十(二九一)年九月条」に「倭漢直の祖阿知使主、其の子都加使主、並びに己が党類十七県を率いて、来帰けり」とあり、阿知使主の一族が渡来した事が記されており、この一族の一部が当地周辺に定住した事が「阿知」の地名発祥、また当社社号の由来と伝えられております。

当社境内には磐境・磐座(我が国固有の古代祭祀遺跡)と呼ばれる多くの石組が点在しており、中でも本殿西側にある鶴亀の磐境は古代庭園とも呼ばれ、日本固有の信仰と陰陽思想などの大陸文化が融合した神仙蓬莱様式という形から、彼らの手により築き祀られたのではないかとも言われております。

また一説に、応神天皇の母后である神功皇后が三韓遠征の途上、暗夜に航路を見失った際、宗像神に祈願したところ、三振りの剣が当地に天下って航路を照らし、それによって難を逃れる事ができたので、のちにこの三振りの剣を三体明剣と崇め、氏神として斎き祀ったとも伝えられております。

橋本ユリ
今も倉敷の中心街を守る神様として参拝されているみたいですよ!


アクセス

鎮座地 岡山県倉敷市本町12-1
電話番号 086-425-4898
授与所受付時間 午前8時30分~午後5時
祈祷受付時間 午前9時~午後4時


JR伯備線・倉敷駅より徒歩15分

Tさん参拝レポート

Tさんがご家族で旅行された際に訪れた、阿智神社を参拝時のレポートを写真付きで頂きましたのでご紹介いたします。

家族旅行で訪れた岡山県倉敷市の阿智神社を参拝しました。

鳥居をくぐって最初の階段を登り

登り終えるとこのような光景が
倉敷の街を一望できます!

そしてまた階段
もうすぐ3歳の息子も頑張ります

登り終えると
新天皇のご結婚記念樹がありました

そして3つ目の階段

御本殿

主祭神である宗方三女神の他に、相殿神十九柱というたくさんの神様がお祀りされています。
・応神天皇(おうじんてんのう)
・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
・伊邪那美命(いざなみのみこと)
・八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)
・上筒之男命(うはつつのをのみこと)
・中筒之男命(なかつつのをのみこと)
・底筒之男命(そこつつのをのみこと)
・天照皇大神(あまてらすすめおほかみ)
・八十柱津日神(やそまがつひのかみ)
・神直日神(かむなほひのかみ)
・大直日神(おほなほひのかみ)
・素戔嗚尊(すさのをのみこと)
・奇稲田姫(くしなだひめ)
・神大市比売命(かむおほいちひめのみこと)
・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
・大己貴命(おほなむちのみこと)
・少彦名命(すくなひこなのみこと)
・久那斗神(くなどのかみ)
・備津彦命(きびつひこのみこと)

この時は朝7時台であいておらず、お賽銭箱もありませんでした

ぐるりと巡って、帰りはあいていました!

摂末社へ

荒神社(こうじんじゃ)

【御祭神】
・素戔嗚尊(すさのをのみこと)
・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
・高龗神(たかおかみのかみ)
・闇龗神(くらおかみのかみ)

【御神徳】
・災厄消除
・病気平癒

戎大黒火産霊社(えびすだいこくほむすひのやしろ)

【御祭神】
・大国主命(おほくにぬしのみこと)
・事代主命(ことしろぬしのみこと)
・火産霊神(ほむすひのかみ)

【御神徳】
・商売繁盛
・鎮火守護

えびす様がたくさんいらっしゃいました

城山稲荷社(しろやまいなりしゃ)

【御祭神】
・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

【御神徳】
・五穀豊穣
・商売繁盛

菅原神社(すがわらじんじゃ)

【御祭神】
・菅原道真公(すがはらみちざねこう)
・日本武尊(やまとたけるのみこと)
・大物主命(おほものぬしのみこと)
・猿田彦神(さるたひこのかみ)

【御神徳】
・学業成就
・開運厄除

こちらもだるまさんがたくさん!

倉敷護國神社(くらしきごこくじんじゃ)

【御祭神】
旧倉敷五学区(倉敷東、倉敷西、大高、万寿、中州)に加え、
西阿知、連島、福田、粒江、中庄、帯江、菅生、豊洲、藤戸、庄、茶屋町の
計16学区出身の戦歿者の御霊

【御神徳】
・国家鎮護
・武運長久

筆塚

また書道や絵の神様もお祀りされており
絵を描くのが好きな息子とお参りしました!

能舞台・神楽殿「五葉松」

能の舞台もありました

東方遥拝所

神社の東に東方遥拝所がありました
※日本の象徴、太陽 並びに伊勢神宮、皇居を遙拝しています。
こちらをお参りしたときに今までにない清々しさを感じました
次回は、もっと早くにお参りをして日の出を見てみたいと思います!

阿知の藤

そして阿智神社では
「あけぼの藤」という品種の藤が春先に咲き、岡山県の天然記念物の指定を受けるほど有名だそうですが
樹勢の衰えにより地元で「あちの藤応援団」を結成し、樹勢回復事業を行っているそうです。

まとめ

倉敷の中心街にある宗像三女神を中心に
多くの神さまを祀った神社です。

また、岡山県の天然記念物の指定を受けた
「あちの藤」も大切にされているなど
魅力のある神社にもなっています。

倉敷行かれた際は是非ともご参拝下さい。


これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「中国の神社」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。