神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。

八雲氷川神社【参拝レポート】

2019年10月22日

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、東京都目黒区にあります「八雲氷川神社」についての記事をUさんに投稿していただきました。


  • 八雲氷川神社のご利益、御由緒

  • パワースポット


などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益



  • 癪封じ

  • 夫婦円満

  • 道を切り開く力、チャレンジする力

  • 農業・商業のご利益


御祭神



  • 素盞鳴尊

  • 大己貴命

  • 稲田姫命


社歴、由来


昔は、衾(ふすま)村の鎮守様で、神社は村人総出で作られたそうです。
八雲の地名はスサノオがクシナダ姫をめとった時に歌われた「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに、八重垣作るその八重垣を」からきています。

昔大国主のミコトが草木で薬を作り病を治し、スサノオが疫神を追い払ったという神話があります。
この神社も病を治してくれるとされて、遠方からもお参りがあります。

パワースポット


古いご神木アカガシの巨大な株


癪(しゃく=原因不明の内臓の痛み)を封じるとして、木の皮を煎じて飲む風習があった。
が、その為に枯れたとも伝えられている。

アクセス


住所 東京都目黒区八雲二丁目四番十六号

Uさんの参拝レポート


東京都目黒区にある八雲氷川神社へ参拝しました。

アクセスは、東急東横線学芸大学前から徒歩10分,桜並木の参道を歩くと到着します。
御祭神は、素戔嗚命、櫛稲田姫命、大国主命
古くから、諸々の災いを防いでくれる衾(ふすま)村の鎮守の神社と慕われています。

 

御利益は「癪封じの神」として古くから認知されており、樹齢1000年のご神木は癪封じの薬とされ、遠方からの参詣人もあったほどでした。
9月の祭に素戔嗚尊の八岐の大蛇退治の物語を表現した剣の舞が奉納されます。

 

大都会の中にある大自然が濃縮した所が、人工物群とのバランスをとっています。
自由が丘や学芸大学など目黒・世田谷区の雰囲気をよくしていき、繁栄させていると感じました。
古来からの祈り場の場所の力こそが、功徳であると感じました。


まとめ


橋本ユリ
痛みを伴う病に、かつてはご神木の皮が使われましたが、今は護符をいただけるそうです。


これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝レポート」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。