神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

生理中の神社参拝はNG?その理由とは

こんにちは、北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

あなたは生理中に神社へ行きたくて、どうすればいいか悩んではいませんか?
もしくは、生理になったら神社の鳥居をくぐるのはNGと言われる理由を知りたくないですか?

結論から言えば、生理中でも参拝はOKです。
せっかく立てた旅行の観光計画を無駄にしなくていいんです。

神社でのNG行為は「ケガレ」を持ち込むこと

神社の鳥居から奥は、神様の領域。ケガレない神聖な空間です。

「ケガレ」とは「気枯れ」のこと。

「気・血・水(き・けつ・すい)」という言葉を聞いたことはありませんか?

東洋医学では、「気(エネルギー)」「血(血液)」「水(リンパ液)」の循環を重視しており、3つは互いに影響し合うとされています。

生理で血が出ると、残りの「気」「水」もバランスが取れなくなりがちです。

わかりやすくいえば、生理になると疲れやすくなったり、肌荒れしたり、イライラしやすかったりしますよね?
それは気(エネルギー)が不足している=気枯れを起こしているから。


特に昔は参拝しづらい場所(山の中や町から離れた場所など)に神社があったので、無理せずエネルギーを貯めて元気になってからの方がいい、という意味合いもあったのではないでしょうか。


今は交通の便がよくなっていますし、無理せずに参拝できるようになっているので、その点に関しては問題ないと考えてよさそうです。

 

「鳥居をくぐってはいけない」のは迷信

「鳥居をくぐってはいけない」のは「忌中に神社へ行ってはいけない」という意味です。

鳥居は結界(=邪気・邪霊の侵入を防ぎ、ケガレのない神聖な空間を保つこと)としての役割と、神様の世界の入り口としての役割があります。

なので、むしろ鳥居はくぐった方がいいんです。
鳥居を避けたり、脇から入ったりする必要はないんですね。

 

巫女も生理中は少し仕事が変わります

事務的な仕事などほとんどの平常業務はするのですが、最も神聖なエリアには入れないなど、生理中は少しだけ仕事が変わるんです。神楽などもそうですね。でもそれも、助け合いの精神に近いものだと感じます。

もしかしたらイライラして悪い空気をまき散らさないように、という意味も込められているのかもしれませんが、それは普段から毎日気を付けるべきことですもんね。


 

まとめ。大切なのは自分の気(エネルギー)を高めること

いかがでしたか?

 

生理中の神社参拝がNGと言われる理由を理解していただけたと思います。

 

今回のお話は、いろいろと活かしていただけるのではないでしょうか。

自分の気(エネルギー)をできるだけ減らさないように守り、積極的に貯めていけば、疲労感や肌荒れ、イライラも少なく、生理も軽々と終えられるかもしれません。

 

ぜひ、生理中はもちろん、日常から、自分の気を高めることを意識してみてくださいね。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝作法・マナー」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。