神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

二礼二拍手一礼に秘められた意味とは?

橋本ユリ
こんにちは、橋本ユリです。
今回は神社参拝の秘訣についてお伝えします。
今回お伝えする神社参拝の秘訣はこちら。


二礼二拍手一拝です。
これは知っている人はいるかもしれませんが
実際にきちんとやれている人はいないので
今回はこれについてお話しますね。


二礼二拍手一拝の作法について

神社参拝をするにあたって
そして参道を歩きまして、本宮の前に着きましたら
この二礼二拍手一拝の作法にのっとって
お参りするわけなんですけども
実際にどのようにするか見ていきましょう。

まず二礼。

そして二拍手でパンパンと叩きます。
その際、手のひらを少しずらす様にして叩くとよいです。

その後に、神様への感謝、お祈りを捧げます。

終わりましたら最後、一拝。
これが二礼二拍手一拝というわけなんですけども、
一体、いつ頃からこの二礼二拍手一拝が定まったについても
せっかくなので解説させてもらいますね。

二礼二拍手一拝の作法は戦後に確立される


これ実は、戦後以降です。
結構、最近の話なんです。

橋本ユリ
最初私も聞いたときは
ビックリしていたのですが、昔からずっとこういう伝統があるものだと思っていました。


羽賀ヒカル
こういう作法が定められたのには訳があります。これについてもお話しますね。


では、なぜ二礼二拍手一拝が定められたのかと申しますと

戦争にも利用された国家神道を否定するために
GHQが占領政策の一環として
神道を一般的な宗教に格下げする必要があった
わけなんです。

その時に神社本庁が、やむなしに神社参拝の様式を
祈り方、形を、定める必要があったわけなんです。

それまで実は、神社参拝、お祈り作法、自由だったんです。

でも宗教は、形式、様式が大事という事で定められたのが
この二礼二拍手一拝の作法で、それまでと言うのは
無かったんです。

本来、神社参拝というのは、
形よりも心の方が大事になってきます。
ですから、自由なのかもしれません。

ただ、礼儀礼節、作法を守る。

そうすることによって、己の心も整う
そういう意味合いもございます。

ですから、わたくしも参拝するとき
二礼二拍手一拝、これを守って参拝しているわけなんですけども
皆さんの神社参拝、お参りするときは
この二礼二拍手一拝の作法を守って頂きまして
より良い参拝にして頂ければと思います。

橋本ユリ
心の在り方、想いがあって
礼儀作法を守る事が大事ですから、ぜひ参拝の時はこのお話を思い出してもらえたらなと思います。



二礼二拍手一拝以外の作法について

今回は、二礼二拍手一拝以外の神社
神社参拝の豆知識についても合わせてお伝えしますね。

神社参拝する時の作法、
二礼二拍手をして、お祈りをして
最後、礼をして終わる。

これ二礼二拍手一拝の作法なんですが、
それ以外の作法が正式な作法として伝わっている神社があります。

有名なところ、代表的なところでは、出雲大社です。

一拝、一祈念
二拝、四拍手、一拝
となってます。

つまり、一度おがんで、お祈りをして
二度おがんで、四拍手して一拝という作法です。

特徴的なのは、この四拍手ということになるのですが、
なぜ四拍手か。

これは諸説ございます。

一説では、四拍手、これは死を意味してて、
出雲大社の怨霊を封じ込めるために実は四拍手必要である
というのがまず一説。

もう一説は、一霊四魂、四つの魂に対して拍手をするという説があります。

他にも実は、四拍手が正式なやり方として伝わっている神社は
宇佐八幡宮、熊野神社の名もあります。

なんとあの伊勢神宮では、正式な作法として
八礼八拍手という説もあります。

これは八方に対して礼をするという意味合いがある
という事なんです。

そもそも二礼二拍手一拝自体が、
戦後決まったルールです。

元々は形なきものが神道であり、
教えなきルールなきものが神道です。

こういったことを理解して神社にお参りしますと
また感じ方が変わってくるのではないでしょうか。
二礼二拍手一拝以外の神社についてお伝えしました。


今回お伝えした神社参拝の秘訣は
礼を重んじる所は一緒なので、そこを忘れず参拝してもらえたらなと思います。
ぜひ実践してみてくださいね。


神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「参拝作法・マナー」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。