神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。

魂が輝く条件 その3「時は来た!~秘術公開」

2022年4月3日

こんにちは、羽賀ヒカルです。

魂が輝く条件 その1「意識進化と高野山・比叡山の世界」

魂が輝く条件 その2「年代別で取り組むべき魂の課題 」

前回までの続きで、今一番お伝えしたいことをお届けしていきます。

魂の記憶


魂とは一体何でしょうか?

輪廻転生(りんねてんせい)を信じていますか?

今日、私はハッキリ言いますね。

丹生都比売神社へ今回初めて行ったのに、初めてと思えなかったんです。

ここにお参りしたことあるなと思ったんですよ。


私は出雲大社へ行った時も、ここは初めてではないなと感じました。


宍道湖(しんじこ)を見た時に、「あっ絶対ここに来たことがある」と思いました。


魂の記憶が反応してるように思いました。

これは一切証明しようがないので、分からないですよ。

でも、皆さんもそういった感覚はありませんか?

妄想かもしれないし、妄想でも良いと思っています。

そんなことは別に証明しようもないですし、永遠に証明されないでしょう。


では、魂とは何でしょうか?

それは記憶なんですよ。


良い人生とは何でしょうか?

これは良い思い出を作り、良い記憶を刻むことなんですよ。


今日皆さん、一日生きて、どんな記憶を刻みましたか?

この2022年が始まって、1月・2月でどんな記憶を刻みましたか?

刻むべきことは、戦争の記憶やコロナに怯えた記憶ですか?

皆さんの人生で刻みたいことは、そんな記憶ではないですよね。

仲間と一緒に戦ったり、楽しんだりした、そんな記憶ではありませんか?

私はあなたと、そんな記憶を刻みたいんですよ!


この記事をご覧になっている、あなたとは繋がっていると思っています。

ご縁があるから、今見て頂いているんですね。

これは、私にとっての思い出作りであり、あなたにとっての思い出作りでもあるんです。

一緒に良い思い出を作っていきましょう!

魂が輝く条件


魂が輝く条件とは何でしょうか?

皆さんの中での良い記憶と悪い記憶、良い思い出と悪い思い出の違いは何でしょうか?

例えば、学校の文化祭の時が良い記憶だったなと思っている方がいると思います。

他にも仕事で何か目標を達成した時に、良い記憶だったなと思っている方がいらっしゃると思います。


良い記憶には条件があります。

ハッキリ言うと、これは挑戦・チャレンジした時に良い記憶が刻まれるんですよね。

文化祭や体育祭が良い思い出だったなどというのは、あなたが少し厳しいかもと思うことに挑戦したからですね。

これは失敗しても、良い記憶なんですよ。

受験勉強で少し無理かもという志望大学を掲げて、結果として落ちてしまっても良い記憶なんですよ。


羽生くんは、今回の北京冬季オリンピックで金メダルを取れませんでした。

でも、あそこで4回転半ジャンプを飛ぼうとしたから、魂の思い出としては多分、最高の思い出ではないでしょうか?

そこを諦めたら、羽生くんにとって魂の傷になるんですよ。

妥協して銅メダルよりも、挑戦して4位というのを羽生くんの魂が選んだのではないでしょうか?

だから、あの時に4回転半を飛ぼうとして良かったと、羽生くんは思ったことでしょう。


そういう記憶を刻んでいきましょうということなんですね。

人生で諦めない生き方


そして、魂が輝く条件は諦めないことですね。

自分の人生を諦めては駄目です。

日本も諦めては駄目ですよ。

日本がこんな世の中でも仕方ない、戦争が起きても仕方ないとどこかで思っていませんか?


僕はウクライナで戦争が起きても仕方ないと思っていません。

「何で起こるんだろう?」「背後で動くものは何だろう?」と思うから勉強するんですよ。

何で戦争が起こるのかを真剣に考え、もう絶対に戦争を起こしたくないなと思っています。


政府や軍事産業が決めたことで、困っているのは民間人なんです。

今ウクライナで怯え苦しんで、巻き込まれている民間人の方々が多くいらっしゃるのは、おかしいですよ。

老人たちが決めて、巻き込まれるのは若者・子供なんです。

それは先ほどからの問題でも同じだと思います。


そんな世の中を変えていかないと駄目なんですよね。

あきらめちゃダメですよ。

戦っていきましょう。

戦うとはそういうことなんですね。


どうやったら良くなるのかと考える時は多分、面白いですよ。

今回のウクライナの戦争の件でも同じで、背後で何が動いているのかと勉強し、繋がったら少し楽しいのです。

ただ、ビルがバンと崩れている映像などが普通に流れているんで、それは本当に嫌ですけどね。

でも、その中にはフェイクニュースもすごく混ざっているんで、これも注意して見ていかなくては駄目です。

2022年を熱く生きるために大事なこと


魂が輝く条件とは何でしょうか?

そもそも魂とは記憶なんですよ。

2022年の熱い記憶を作っていきましょう。

2022年はこんな1年だったなという記憶に残る1年を作っていきましょう。

そのためには、何か自分で今までやったことがないことに挑戦・チャレンジしてみましょう。


一歩踏み込んでみましょう。

それは小さな一歩でも良いんです。

いきなり神社チャンネルのようなことをやらないといけないとは言ってないんですよね。


毎日運動していないから、少し散歩から始めてみようでも良いです。

別に毎日起きている時間が7時半の方であれば、7時15分に起きて少し勉強してみたり、お祈りしてみたり、神社チャンネルの音声を聞いてスタートすることからでも良いと思います。

小さくても何かチャレンジするところから、人生が変わっていくのかなと思います。


そして、空海・最澄はもう本当に最大のチャレンジなんですよ。

これは思想を作ろうとしたんです。

日本を変えようとして、実際に変わったんですよ。

空海・最澄がいなければ、日本仏教はなかったんですね。

つまり、日本の文化を作ったんです。


でも、これは空海・最澄だからできるのではないんですよ。

皆さんも今、自分が人生を生きたことによって、何か軌跡を残せるんです。

自分が生きた後の子ども達や日本人、世界に何か影響を与えています。

「良い影響を与えませんか?」「そういう人生を歩みませんか?」ということです。

空海・最澄が使った秘法・秘術を学ぶ


でも、空海・最澄は何でそんな良い人生を歩めたかというと、秘術を使いこなしたんです。

特別なことを知ってたんですよ。

これは、ハッキリ分かります。

それを比叡山・高野山では伝えています。



比叡山・高野山では確かに、お坊さんたちがお経を唱えていますが、ハッキリ言うと、全員が空海・最澄の心を受け継いでいるんではないんですね。

きちんと空海・最澄の心を紐解かないといけません。

実はそれを師匠・北極老人は受け継いでいます。


空海・最澄は私たちにとってずっとテーマでした。

今、この2022年だから伝えることができると思っています。

こんな世の中だからこそ、伝えることができるのではないかと思っています。

ゆにわ塾会員の皆さんは仲間です。

この空海・最澄の学びをしていく、あなたも仲間です。


そして、これは間違いなく断言しましょう。

最高の思い出になります。

参加して頂けたら、絶対約束します。

この2022年、間違いなく参加して良かったなという思い出になります。

これは自信を持って断言できます。

2022年は比叡山・高野山をお参りしたなという思い出や、様々な学びをして一生ずっと使える秘法をお伝えさせて頂きたいと思っています。


頭が良くなる方法として「虚空蔵求聞持聡明法(こくうぞうぐもんじそうめいほう)」を伝えます。


そして、ずっと意識が絶好調の状態になる「摩利支尊天(まりしそんてん)」「毘沙門天(びしゃもんてん)」の秘法を伝えます。


悟りを開くとは何か?

あるがままの自分に目覚めるとは何か?

比叡山にお参りします。


そして、願望成就の妨げとなるような邪気を払い尽くす、「不動明王(ふどうみょうおう)」の真言や般若心経を今日もずっと唱えてきました。


そういったネガティブな心を焼き尽くし、目標に向かって一直線、願望成就のパワーを授かるのが「大日如来(だいにちにょらい)」です。

高野山の秘密を実践させていきます。


そして、金運も良くしていきましょうよ。


最後に、高野山で炎を授かり、みんなで世の中を良くしていきましょう。


それが今回の半年間の講座です。


今回は空海・最澄の秘法について、お伝えさせて頂きました。

今年は北極老人が長年秘めていた、待ちに待った空海・最澄の秘法の講座です。

いよいよ時が来ました。


最後までご覧頂き、ありがとうございました。

空海と最澄の半年間講座で、あなたと出会えることを心よりお祈りしております、羽賀ヒカルでした。


【半年間講座】今、解き明かされる「最澄と空海の秘法」
詳細を知りたい方は、こちらをクリック↓



・神社チャンネルのこちらのYouTubeバージョンもご覧ください。↓


メルマガでも発信しています。

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社参拝」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。