神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

磐船神社【参拝レポート】

2019年10月12日

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
今回は、大阪府交野市にあります「磐船神社」についての記事をNFさんに投稿していただきました。

  • 磐船神社のご利益、御由緒
  • ご祭神名と功徳
などについてお伝えします!

それでは参りましょう!

ご利益

  • 諸癌成就
  • 病気平癒
  • 金運アップ
  • 航海安全

御祭神

饒速日命(にぎはやひのみこと)

*ご神体は、天磐船(あめのいわふね)と呼ばれる巨石
饒速日命が空飛ぶ船に乗って、国を見渡し、ここに降り立ったと伝えられている。

社歴、由来

はっきりした由来は残っていません。

饒速日が天磐船に乗って咆ヶ峰(たけるがみね)に降り立ったと伝えられています。

その時、饒速日命が載ってきたのが、御神体の巨石だと言われています。

饒速日命は、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)よりも前に天から降臨した天孫で、十種神宝(とくさのかんだから)を持ってきたと言われます。

その宝には、病をいやし、死んだ者を生き返らせる霊力があると信じられています。

そのため、病気平癒を願って参拝する人たちも多いのです。

パワースポット

  • 岩窟めぐり
    修験道の修行場で、巨石の間を潜り抜ける「生まれ変わりの場」と言われている。
  • 天岩戸(あまのいわと)
    天照大神の籠もった岩戸とされる。
  • 白竜の滝
    修験道の滝行の場であり、禊の場であった。

アクセス


所在地: 〒576-0033 大阪府交野市私市9丁目19−1

NFさんの参拝レポート

磐船神社は、「岩窟めぐり]で有名です。

巨石の間を潜り抜けて行きますが、そうすることで蘇り、生まれ変われると言われています。

もともとは行場でしたから、年齢や服装にも条件があり、決行は天候にも左右されます。
ご神体も巨石ですが、それ以外にも大きな岩がたくさんある場所です。
天の川の上流にありますので、川のせせらぎの近くです。 岩船神社の入り口です。
磐船神社の由来は古く、饒速日命がご神待の岩舟に乗って空から国土をご覧になり
「そらみつ やまとのくに」と言われたことが、「やまと=大和」になったと伝えたれています。
饒速日命は、天照大神の孫神にあたられます。
岩窟めぐりをしましたが、本当に異世界に行って出てきたような気がします。

出た所に、「天岩戸(あまのいわと)」の磐座(いわくら)があります。

岩戸開きを体験したような気持になりました。

この神社は、私が幼少の頃、母が夢に見た神社でした。

後で調べると、饒速日命が降臨した時に持参した十種神宝(とくさのかんだから)には、

病をいやす効果があるとされているので、本当に娘を治したい一心の母の想いに応えてくださった

のかもしれません。

私はそれから退院して、元気になったので、霊験をいただいたのかと感謝しています。

まとめ

橋本ユリ
心機一転したい人、病を治したい人は、参拝されてみてはいかがでしょうか?


これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。