神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

【古神道入門】神道との違いは何?古神道の起源・教えと考え方とは

橋本ユリ
こんにちは、橋本ユリです。

神道と古神道について
今回はお話する予定なのですが、
そもそも同じものだと思っている人が実は多いです。

実は、古神道と神道と言うのは
実際の所、違うわけなんですよね。
どのように違うのかをこれからお話していきます。



古神道とは

こちら古神道というのは簡単に言えば
元々の日本人が信じた原始の神道
そもそもの神道です。

神道とは

神道と言うのは、
様々な外国からの宗教や、その
教えの影響を受けています。



仏教であったりだとか、儒教であったりとか
道教の教えの影響は色濃くうけていますし、


それだけではなく、
キリスト教やユダヤ教の影響を受けているのではないか
と言われているのが今の神道の形なんですね。

実際に、神話でも共通する部分が多かったり
祭でも神様でも、色んな教えが統合されています。

古神道と神道を区別するようになった経緯

明治時代に入ったころからになりますが、
元々の日本人が信じた神道を復権させよう
復刻させようという流れが実際にありました。

それを協和神道と言います。

例えば、頓狂義稙さんであったりだとか
中山美紀さんですね。

さらに言うのであれば黒住宗忠
黒住教、天理教、大本教といった流れがあって
古神道であるということを言ったわけなんです。

つまり元々の日本人の神道を復権させよう
復刻させようという流れが
明治に入ってからあった。
それが神道と区別されるようになって
神道、古神道と区別ができた
、わけなんです。

古神道と言うのは自然崇拝です。

つまり自然に神宿るですよね。


太陽をみて神様宿るもしくは、木々を見て、大地を見て神様宿る
そういった気持ちで自然を眺めてみる、
と言うのは古神道的な考え方であると言えるわけなんです。

是非、やってみて下さい。

今回は古神道、神道についてお伝えしました。
橋本ユリでした。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社参拝」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。