神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。

自分でできる!心スッキリ悩み無くなる年越しの大祓

2021年12月31日

日本人の心に火を灯す、東洋思想および神道研究家の羽賀ヒカルです。

今回は「自分で出来る年越しの大祓」というテーマでお伝えします。

橋本ユリ
今年もあと少し。

年越しの大祓いの時期ですね。

みんな神社に来て欲しいです。


羽賀ヒカル
どうしても神社に行けない人もいるでしょうから、今日は自分でできる大祓いをお話しましょうか。


大祓とは?


その昔、聖徳太子の頃の時代は、今でいうと半年が1年という区切りの時代がありました。

それが今の1年間という区切りになり、半年に1回大祓というものを行っていたものが、夏越と年越しの大祓になります。


大祓とは、人間は生きていれば罪汚れというものがたまっていく、それを禊祓い(みそぎばらい)するという儀式です。

罪とは何でしょうか?

これは「知りて犯しけむ禍事・罪・穢(まがごと・つみ・けがれ)、知らずして犯しけむ禍事・罪・穢」という言葉があり、簡単に言うと、悪いことです。


悪いこととは例えば、嘘をついたり、騙したり、誰かを直接傷つけてしまうような自覚できる罪と、自分が気づかないうちにした行動で誰かに迷惑をかけていた罪があります。

そのような諸々の罪を人間は積み重ねていくもので、これが積み重なっていくと自身の霊体が汚れていきます。

汚れていくと運が悪くなって不幸や不運などが起きてしまうので、これをクリアにしましょうということなのです。


人間は毎日、身体を洗ったり、シャワーを浴びますし、特に日本人は毎日お風呂に入って、目に見える世界の汚れを取り除こうとします。

でも、そもそも身体が汚れているかどうかも見えないので、どうしたら良いか分からないという人が多いのです。

実は見えないところで、様々なところが汚れてしまっているので、それを禊いしましょうというのが「大祓」です。

知らない間に蓄積していく罪穢れ


「罪」は、知らず知らずのうちに「何かやってしまったな」と思って自分を責めたり、誰かに責められていること、もしくはお天道様から見て「それは違う」と責められていることを言います。


「穢れ」は「気が枯れること」で、簡単に言うと「自分が見たものや触れたものでのネガティブなエネルギーが蓄積していくこと」です。

例えば、皆さんがテレビを観たり、スターを見たりする中で、そのテレビやスターの情報は良いものばかりではなく、悪いものもあります。

知らず知らずのうちに、その影響を受けているのです。


また、日常生活では、満員電車へ乗ったり、嫌な人と関わることもあります。

このように人と関わることによって、ネガティブなエネルギーの影響を受けていることを「穢れ」と言います。


また、食べ物による穢れもあります。

「これはあまりエネルギーがないし、美味しくないもの」や添加物などは、食べることによって気が枯れて、エネルギーが無くなっていきます。


それが蓄積されていくと、自分の霊的な体が穢れていき、不運・不幸な方向性に行ってしまうのです。

だから、これも禊ぎ祓いしましょうということなのです。


「禊(みそぎ)」とは、言霊的に言うと色々な意味があり、「水でそそぐ(みずですすぐ)」「身を削ぐ(みをそぐ)」から禊という解釈が出来ます。

私たちが毎日行っているお風呂や歯磨きの習慣も「身を削ぐことによって浄化する」という自分でやっている禊の行なのです。


また、「禊」は「自分で行う」という側面がありますが、「祓え」は「神主さんにお祓いしてもらう」とよく言います。

「祓え」は「自分で行うこと」というよりも「他人にしてもらうこと」なのです。


つまり、神主さんや目覚めている人に「祓ってもらうこと」が「祓え」ということです。

だから、自分で行うのが「禊」、他人にしてもらうのが「祓え」という見方も出来ます。

自分でできる浄化法


神社チャンネルでも、入浴などの毎日の習慣の中で浄化していくことが大事だとお伝えしています。

特にエネルギーの変わり目は重要です。

エネルギーの変わり目は冬至からだいたい節分ぐらい時期になります。

冬至から節分のタイミングは、ちょうど2021年と2022年のつなぎ目の部分になっています。


このつなぎ目のタイミングできちんと浄化していくことが重要ですので、ここから具体的に何をしたら良いのかをお伝えしていきます。

最初にお勧めしたいのは「エネルギーがあるものに触れること」です。

お酒を使った浄化


エネルギーがあるものの代表例がお酒です。


お酒には、お米・水・発酵のエネルギーがあります。

杜氏(とうじ)たちが精魂込めてお酒作りをしていて、非常にエネルギーと労力がかかっているのです。

お米から発酵して作られている伝統的なお酒は、非常にエネルギーが高いので、大量にお風呂に入れて入浴すると、とても浄化されます。

入浴する際、毎日コップ一杯ほどの量を湯船に入れることをお勧めしていて、お酒の量は多ければ多いほど浄化されます。

また、昔ながらの製法に基づいて作られた発酵したお酒であることが重要で、ゆにわマートでも取り扱っている福来純(旧名:花美蔵)というものがあります。

こちらは料理酒なのですが、飲んでも美味しいです。


この福来純というお酒は、非常にエネルギーが高く、お手頃な価格で購入することが可能です。

このお酒を年末は丸々一本浴槽に入れますが、半分程度でも構いません。

この酒風呂は、中国の伝統医学や東洋医学における健康法でもあり、健康面だけでなくメンタル面の浄化としても非常に良いのです。

ろうそくを使った浄化


次にお勧めしたいのが、ロウソクの炎を見つめることです。


ロウソクなら何でも良いというわけではなく、特にエネルギーが高いロウソクがあります。

使っているロウソクの素材によって、火の持つエネルギーは変化します。

例えば、ゆにわマートでで販売している「お米のロウソク」や「美爐空(みろく)いとなみ」というロウソクがあり、これらは特殊なエネルギー加工されたロウソクです

他にも様々なロウソクを取り扱っていますので、是非一度見ていただけたらと思います。



紙に書き出す浄化


また、「頭の中をスッキリさせること」も重要です。

私の著書である「書けば叶う」に記載している方法で、頭の中をスッキリさせようと思ったら「ブレインエネマ」が良いでしょう。

「ブレインエネマ」とは、頭の中のネガティブな想念を浄化する方法です。

「あの人が羨ましい」「あの人がむかつく」「自分が悪い」「なんであの時やってしまったのか」といった、誰かを責めたり、自分を責めることがあります。

そのように考えたらダメだと思えば思うほど、余計にネガティブなエネルギーが溜まっていきます。

そのネガティブなエネルギーを、全て神に書き出して水に流すことを行うのです。


自分のダメだと思う部分や「あの人のここが嫌い」「あの人のここがムカツク」という想いがあるのであれば、それも思う存分に書き出して下さい。

全てを書き切って、水に流すことによって浄化するという方法がブレインエネマです。

これらをトイレットペーパーに書いて水に流すのがオススメです。


また、これも私の著書の「書けば叶う」に記載していることでは、虚空蔵菩薩の護符のエネルギーを込めたブレインエネマ専用シート「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」を使うのもオススメです。

虚空蔵菩薩は、思考や雑念を虚空に返してくれるという菩薩様で、そのエネルギーを詰め込んだ専用シートでのブレインエネマも大祓として良いでしょう。



物や情報を捨てる浄化


ここまで酒風呂やロウソク、ブレインエネマを年越しの大祓として紹介してきました。

さらにもう1つ、全員共通で実践して頂きたいのが大掃除です。

つまり、物を捨てることです。


自分の部屋と自分の心は密接にリンクしているので、「物を捨てたり、断捨離することで運が良くなること」を意識している方は多いです。

しかし、意外に情報として根付いていないのが、自分と密接に連動してるのは自分のスマートフォンなのです。

だから、年末までに不要なアプリや画像を削除したりすることも浄化になります。



塩の浄化


酒風呂をする際に、お塩を湯船の中に入れるのもとても良いです。

こちらもゆにわマートで取り扱っている天然のお塩でしたらどれもオススメです。

湯船の中に塩を入れて頂いても良いですし、頭頂部に塩を乗せると、頭の中の雑念や想念を禊ぎ祓いしてくれますので、この方法も是非実践してみて下さい。



橋本ユリ
これだけやったら、絶対スッキリします!!


羽賀ヒカル
禊ぎ祓いして心をクリアにし、より良い2022年を迎えましょう。



「年越しの大祓」については、ゆにわ塾でもお伝えしますし、ゆにわ塾では、1ヶ月無料入会キャンペーンを行っています。


また、私も昔からお世話になっている「健康まなび家」さんの主催で、1月15日に大阪でセミナーをさせて頂きます。

私、羽賀ヒカルがメインとなる講演会ですので、ご興味ある方は、是非お越しいただけたらと思います。


今回は「自分でできる年越しの大祓」についてお伝えさせて頂きました。

是非、年越しまでに「酒風呂、ロウソク、ブレインエネマ、大掃除」を行って頂きたいです。

羽賀ヒカルでした。


こちらのYouTubeバージョンも是非ご覧ください↓


これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社参拝」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。