神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。

2022年2月22日。800年ぶり奇跡の日

2022年2月19日

日本人の心に火を灯す、東洋思想及び神道研究家の羽賀ヒカルです。

今回は「800年ぶり2022年2月22日の奇跡」というテーマでお届けします。

橋本ユリ
羽賀さん、北京冬季オリンピックのテレビ見ていて、羽賀さんと羽生結弦選手、ちょっと似てるなあって思いました。

そういったことを言われたことがありますか?


羽賀ヒカル
いや実は冬季オリンピックの度に、結構言われるんですよ。

私も羽生選手のように挑戦する姿勢を忘れないで、好感度高い生き方をしていきたいですね。


1222年以来の奇跡


今回は800年ぶり「2022年2月22日の奇跡」についてです。


「2022222」で、2が6つ並んでいますが、前回が1222年2月22日だったので、800年ぶりなんです。

次が「2222年2月2日」と200年後で、とても未来感が強いです。

ちなみに1222年は何が起こったかを調べると、日蓮聖人が生誕された年でした。


この後、モンゴル軍が日本にやってきて、1333年に鎌倉幕府が滅亡する流れとなりました。

「2」がもつエネルギー


今年2022年にオススメの習慣やポイントをお伝えしていきます。

まず、「2の数霊(かずたま)」について、「2」はまさに「陰と陽」で、この図を「太極図」と言います。


太極図にあるマークは北極星の象徴とも言われています。

この陰陽マークは北斗七星の形にも似ていて、北極星を中心としながらグルッと回って一年という形です。


皆さんは太極拳にどんなイメージをお持ちでしょうか?

左右に腕を回し、円を描くような動きがあります。

これは、実は本当に北極星を中心としながら、陰陽のマークを描いているのです。

「2の数霊」には陰陽があり、「陰陽統合」の意味があります。


万物は陰と陽からできています。

例えば、「男と女」「話す方と聞く方」です。

話す方が「陽」になると、聞く方が「陰」の役割になりますね。

当然、「昼と夜」「太陽と月」「明るいと暗い」「暑いと寒い」なども同じです。

「2の数霊」には「全てのものは陰陽からできていて、陰と陽が揃って安定する」という象徴がエネルギー的にあるのです。


2022年は全体的に、数霊の世界観では「安定のエネルギー」が流れています。

これから時代が大きく動いていくとすると、奇数となる来年2023年の方がより大きくなるということです。

日本語の「に」が示す意味


2022年は、「にせんにじゅうにねん」

これは「に・に・に」で、平仮名の「に」に関係しています。

日本語の「に」とは一体何なのかを見ていきますが、これはカタカムナの「ニ」です。


上に「下向きの半円」があって、その下に「小さい〇」があります。

カタカムナ文字では、この形がまさに言霊の「に」の象徴になっているのです。


例えば、「煮つめる」の「に」は、グツグツと煮て、エネルギーをグッと集めます。

また「丹」と書いて「に」と読み、これはグッと濃縮された薬なのです。

他にも「爾」も「に」と読み、一般的には「なんじ」と読んで「人間」という意味があります。

人間はエネルギーがグッと圧縮して出来たものなのです。


そして、あまり一般的ではありませんが「瓊」も「に」と読みます。

この漢字は、ニニギノミコト(※注1)という神様の「に」であって、三種の神器の八尺瓊勾玉(※注2)の「に」です。

※注1:ニニギノミコト
アマテラス大神の孫で三種の神器を授かり、地上を治めるため「天孫降臨」しました。稲穂の神、農業の神としての神格を持ち、国津神オオヤマヅミの娘、コノハナサクヤヒメと結婚し、皇室の祖神でもあります。

※注2:八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
八咫鏡(やたのかがみ)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と共に三種の神器の1つ。


「に」の言霊は「エネルギーが圧縮されてできた玉」という意味があります。

「煮詰める」も、「丹」=薬も、「爾(なんじ)」=人間も、グッと圧縮して出来る玉なのです。


2022年は全体的に、エネルギーを集めて貯めていく年です。

自分自身でも考えや思考、もしくは才能を、煮詰めていくことが大事なことです。

2022年は「やがて来る変化の時に向けた準備する年」だとお伝えしています。


これを読んでいる方は日本人が多いと思いますが、日本という国の読み方は「にっぽん」や「にほん」で、やはり最初に来る言霊は「に」なのです。

日本という国も、世界のエネルギーが、グッと圧縮して出来ている国です。

それもやはり、「にっぽん」という言霊の中に現れていると言えます。


日本列島でよく言われるのは、北海道が北米大陸、本州はユーラシア大陸、四国はオーストラリア大陸、九州はアフリカ大陸に似ていて、日本はまるで世界を圧縮したような形になっているという話があります。


また、日本は、中華料理・韓国料理・イタリアン・和食・フレンチなど世界中の様々な料理が集まっています。

宗教においても、キリスト教・仏教・儒教など様々な宗教がグッと世界から集まってきて、圧縮されているのが日本という国なのです。

日本=「二つの大本」


言霊の世界で見た場合「にっぽん」の意味は「二つの大本(おおもと)がある」ということです。

例えば、古事記の神話を見ると、神々は大きく分けて二つの系統があります。

それは「天津神(あまつかみ)」と「国津神(くにつかみ)」です。

天津神系の一族を「大和族」、国津神系の一族を「出雲族」と言って、この二つの大本が日本人の根源になっています。


これはあらゆることに言えて、「衆議院と参議院」「与党と野党」「右翼と左翼」など様々な物事が二つの大本で出来ているように思います。

医学の世界にも「東洋医学」と「西洋医学」があり、日本は今、かなり西洋医学の方に偏っているので、東洋医学的な視点を見直していくことが大切だと思います。

西日本と東日本も同じように、二つのものが融合して出来ている国が日本なのです。

だから、やはり2022年は、日本らしいものを見つめ直していくことが重要ですね。


この神社チャンネルでも、先日「99%の日本人が知らない日本の成り立ち」という建国の成り立ちについて考える動画を上げました。

長い動画になりますが、まだ見てないという方は、是非ご覧になって頂けたら嬉しいです。


日本人は、日本という国の成り立ち、近所に当たり前にある神社、もしくは日本語や日本料理など自分たちが普段何気なく行っていることを詳しく知りません。

日本のことをきちんと知っていくことは重要なので、「日本人のことを見つめ直しましょうキャンペーン」を、これから神社チャンネルで行っていきたいと思っています。

日本的精神の原点は何か?


日本人の原点を見つめ直すという意味でも、日本人の原点は何でしょうか?

縄文はもちろん、邪馬台国や聖徳太子、大化の改新も当てはまるかもしれません。


しかし、精神や宗教的源流という意味で言うと、日本的宗教・日本的精神を作った根本は、空海と最澄の二人が重要です。

だから、ゆにわ塾では、2022年がやはり「2」がテーマということで、空海・最澄をテーマとした講座を行うことが決まっています。


「2022年2月22日」にやるといいこと!


今回お伝えしたいのは、2022年2月22日です。

「2」は、数霊(かずたま)で言うと「陰陽統合」、言霊(ことだま)的に見ると「グッと圧縮する」ことでした。

2022年2月22日に是非行って頂きたいのが、神社チャンネルでもずっとお伝えしてきた「合掌法」です。


左手と右手は、エネルギーが相反しています。

左は「霊(ひ)」で「精神的な見えない世界」を表し、一方で右の「実(み)」で「現実の見える世界」という意味があります。

「精神的な左手と現実的な右手」「女性的な左手と男性的な右手」を合わせるのが「合掌」です。


合掌の習慣はあると思いますが、これを胸の前で手を合わせて15分ほど行います。

15分やると結構手が疲れてきますが、「ちょっと疲れるな…」というレベルでやることが実はポイントなのです。


この「合掌」を長時間やるためのコツがあります。

重力に逆らって行うと疲れるので、重力に逆らわないように上で両手を組んで、下に降ろしていきます。

実はこのように組むと、合掌を長時間できるのです。




是非、この長めの15分間、顔の前や胸の前で合掌して下さい。

お風呂に入っている時や、寝る前でも大丈夫です。

これは「自分の中の陰陽の統合」であり、自分の中のバラバラなものを一つにすることは、とても大切なことです。


例えば、「理想と現実」「本音と建前」があります。

本音と建前と言うと、「本音が良くて、建前が悪い」というイメージがしますが、実はどちらが良い・悪いはないのです。


これを仕事を例えて言うと、建前では「この仕事頑張りたいです」であっても、本音は「少しサボりたいです」があると思います。

本音と建前はどちらも自分の中にある考えで、バラバラになる心は常にあります。

これは「頑張りたいな」「人のこと信じたいな」「でもな…」という、「常に相反する自分の心がある」ということです。

しかし、この陽と陰の心を統合したところに、本当の本音・本心があると思います。

自分の中でバラバラになってしまう心を統合するための儀式が、この「合掌法」なのです。


この2022年2月22日に15分~20分ほど合掌の時間を取って頂きますと、「2」のエネルギーを借りて、意識変容が起こりやすくなりますので、是非これらを参考にして合掌法を実践して頂けたらと思います。

橋本ユリ
おおお~。

800年ぶりの「2」のエネルギー満載の日なんですね。

絶対、合掌法やります!

それに新米巫女のわたくし、日本の精神や宗教の源流、最澄と空海のお話も気になります。

羽賀さん、もう少し詳しく聞かせて下さい。


羽賀ヒカル
空海と最澄の話には、やはり凄い日本の秘密があって、それを解き明かす特別セミナー・特別動画を撮ろうと思っています。

これはオープンな形ではなく、メルマガ読者もしくは公式LINEゆにわの登録者限定で行いたいと思っています。

まだ、フリーメルマガゆにわ公式LINEゆにわに登録して頂いていない方は、登録していただきましたら、非常に嬉しいです。



今回は「2022年2月22日にやるといい事」についてお伝えしました。

皆さんの開運をお祈りしています、羽賀ヒカルでした。


・神社チャンネルのこちらのYouTubeバージョンもご覧ください。↓


メルマガでも発信しています。

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社参拝」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。