神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

レイラインで繋がる日本の神社と聖地

こんにちは、橋本ユリです。
日本の神社の不思議。
今回は出雲-玉前レイラインについてお伝えいたします。
とその前にレイラインという言葉をご存知でしょうか。
まずはここからお話しますね。


レイラインとは


レイラインとはですね、古代の遺跡や神社、仏閣、巨石群、
を地図上で線で結んでみるとなぜか直線状になる。

そのラインのことをレイラインと言うわけなんですよね。

なぜそうなるのかということに関してなんですが、
これは人偽的にやったという説や、
自然とそうなったという説がございます。

人為的にやった説

人為的にやったとみなす説をとりますと、
例えば自分たちの領土はここまでですよというラインを示す説、
さらには地形的に仕方がなかったという説、
さらには、天体や星の動きを示すという説や
諸説あるわけなんです。

ただ、なんで直線状になるのかという、
はっきりしたことは、まだ分かっていません。


日本の有名なレイラインというのは、
この出雲日御碕神社と千葉県玉前神社を結ぶこのラインなんですよ。


西の日御碕神社は、海に沈む夕日が美しい神社。
東、千葉県玉前神社は、海から昇ってくる
朝日が美しい神社なんですが、ここをラインで結ぶと

なんとその上に乗る聖地が
富士山、七面山、金華山、伊吹山、琵琶湖竹生島、大山
と言ったような、名だたる聖地がその上にのっているわけなんです。

自然という説の考え方


なんと、春分の日と秋分の日の太陽の通り道となっているわけなんですね。

だから、またの名をこのレイラインのことを
ご来光の道とも言われたりするわけなんです。

さらに言いましょう、ちょうどこの中間くらいにくるのが
白山と伊勢を結ぶラインなんです。


このライン上にも、名だたる聖地が
たくさん並んでいるわけなんですね。

なぜそうなるのかということなんですが、
人為的にやったというよりも自然とそうなってますよね。

つまり、そこにおられるのは神様の意思ということなんです。

「自然は神なり」という言葉もありますけれども、
「あっ、そうなんだ、こうやって神様は聖地を作っているんだ」
というエネルギーの流れを感じる。


そういった事でもあります。

これを分かった上で、日本の神社、聖地をめぐってみると、
また感じ方が変わってくるはずです。

今回は、出雲-玉前レイラインについてお伝えしました。
橋本ユリでした。


神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社参拝」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。