神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

【カタカムナ】医師の間で話題?トンデモ論?謎に迫ります!

こんにちは!北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

橋本ユリ
「カタカムナ」をご存じでしょうか?

ご存じの方は古代文明に興味があるかた、もしくはスピリチャルの方面に、造詣の深い方かもしれません。
このように書くと「怪しい」と思われるかもしれませんね。


しかし、なぜか医師のあいだでも、話題になっていたりするのです。なにか病気に効くのでしょうか?
今回はカタカムナについて、客観的な角度から述べてみたいと思います。

それでは参りましょう!

カタカムナとは

カタカムナとは、古代文明について記述されている、とされる文献です。

書かれている文字は、なんと幾何学模様のような直線・円・点でできており、それが日本語の48音と、対応しているようです。
あいまいな表現が続いていますが、実はこの書物については、どこから出てきたのか、誰の手によって書かれたものなのか、はっきりしていません。

のちほどご説明しますが、この文書は突然、楢崎皐月(ナラサキ コウゲツ)によって、1949年に発表されたものなのです。

まず、カタカムナ文献の内容について、ふれてみましょう。

 

カタカムナ文献の内容と、カタカムナ文明について

まず書かれている文字が、カタカムナ文字です。のちほど、仮名との対応とされている表をお見せしますが、暗号のような形をしており、その内容についても諸説あります。

まず、文献の構成についてです。カタカムナ文献は、80首からできているようです。
これは、五七調のような5・7・5・7の音のかたまりになっているという説と、
一つの文章になっている説、そもそも文字じたいに意味がなく、一つの歌が抽象的な概念を表す、という説もあります。
しかし、どの説も80の歌(文章)からなっている、としているのは興味深いところです。

それは、ひとつの歌(文章)の表記が、外巻きの渦巻き状になっているからです。(中心から外側に向かって読んでいくようです。目が回りそうですね)
その渦巻きが80個あるので、80首の歌があるとされています。

内容については本当に諸説あって、その中のいくつかをご紹介いたします。
あくまで説であり、実証・裏付けがあるわけではありません。
しかし、世の中にはオーパーツのような、科学・考古学では解明しきれていないものもありますので、楽しみながら読んでみてください。

 

文明・高度な科学について述べている

この文献を発表した楢崎皐月によると、カタカムナ文献には、高度に発達した文明の科学について、述べられているというのです。
楢崎皐月はそれを「自然摂理」と呼んでいます。

具体的に言うならば、鋼・鉄の精製方法、農業全般、特に稲作についての細かい成育方法、(違う種類の稲どうしの交配による品種改良や、肥料の良しあし、水や日照時間の最適な状態など)、石や木などを使った器の作り方、布の生成方法と生糸の作り方、体調不良の治し方などの医療、国が豊かになるための統治方法や商業のありかたについて、人の道や人生観などの哲学等々、あらゆる分野の文明について、記述されているとのことでした。

古事記や日本書紀などの神話時代の文明の話ですから、これは驚異的なことです。また、80首の歌の中にこれだけの内容が盛り込まれている、ということも不思議なことです。
もしかしたら、別に高度な文明が発達していたのではないか、地球以外の星から来訪した宇宙人が、文明を授けてくれたのではないか、そう推論する人が出てくるのも、無理はないかもしれません。

さきほどオーパーツについて触れましたが、これは「その時代には作ることが不可能としか思えないもの」を指します。なんだかカタカムナ文献と似ていますよね。
せっかくですので、オーパーツのいくつかをご紹介致します。

 
◎水晶で作られた髑髏
これは、いくつかの場所で発見されており、インカ帝国時代のもの、と言われています。
機械によって削った痕跡がないため、当時の技術で作成するのは不可能ではないか、と言われています。多くの贋作も作られています。

 
◎コスタリカの石球
コスタリカ共和国の、密林のなかで偶然見つかったものです。まん丸ですよね。これは、完全な球にとても近く、生成は不可能とも言われていましたが、当時の技術であっても、時間はかかるが不可能ではない、との見方もあります。ただ、真球を作るにも、設計しなければいけませんから、不思議なものではあるでしょう。

 
◎アッシリアの水晶レンズ
イラク北部にある、アッシリアで発見されたものです。古代の墓ですので、紀元前のものであり、当時の技術では、レンズ加工は無理と言われています。ただし、工芸品の一つという見方もあります。

 
◎ネコの形をした土器
これは福島県で発見されたもので、縄文時代に作られたものです。
猫に似ていますが、何をモチーフにしたのかは不明です。
ただ、縄文時代に猫と人間が共存していたとなると、大きな発見になるかもしれません。オーパーツと呼ぶにはちょっと大げさかもしれませんが、興味深いものです。


ご紹介したオーパーツの画像です。

それでは続いて、他の説についてもご紹介しましょう。

 

神話時代の神々と戦ったという説

カタカムナ文献には、古代日本神話の神々と戦ったという記述がある、とする説です。
そうなると、紀元前前後くらいの年代になりますよね。
さきほどご紹介した技術がその頃にあったとすると、人類の進化の歴史とは、著しく異なります。そのため、その頃にとても進化した文明が存在し、それが何らかの理由で滅亡してしまった、その後に今の人類が進化していった、という説なのです。
もしかしたら、神々との戦というのも、高度な文明を持った種族どうしが争い、当時の人類からすると、その姿はあまりに常識を超えていたので「神」と位置づけたのかもしれませんね。
この説によると、カタカムナ文字を理解できる種族がいるとされ、アィシパーと呼ばれているようです。渦巻きと記号を、絵のような感覚でとらえるのでしょうか?
面白い説です。

 

カタカムナは生命の源であるとする説

カタカムナは生命の源であり、それを構成するもの(原子より小さい量子のようなものでしょうか?)からエネルギーが放出されて、宇宙全体が生きている、というものです。自分自身の中にエネルギーがあり、それは宇宙と同一である、とのことです。
量子力学の世界で考えるならば、関連性のある事柄とも言えます。カタカムナ文献だけで、そこまでひも解くとはすごいですね。

 

カタカムナは宇宙の構造を語っている!

カタカムナ文献は、宇宙から来た人(カタカムナ人)が書いたものであり、宇宙の構造について述べているとする説です。
今、住んでいる世界は物質から成り立つ世界で、その奥深くには目に見えない宇宙が広がっている、とのことなのです。
現在、4次元までは、人間が確認できています。(立体から時間の流れまで)
その上の5次元以上の世界が存在する、というのです!
その次元は10次元以上あると言われ、素粒子よりも小さい極小微粒子から成り立っており、そこにはすべてを創造する「神」が存在するというものです。
(アマナとも呼ばれているとか)
壮大な話ですね。

他にも様々な説がありますが、とても進化した文明が存在していた、と考える人が多いようですね。
では、それが表現されている「カタカムナ文字」とは、どのようなものなのでしょうか?

 

カタカムナ文字は不思議?

http://katakamuna-igaku.com/katakamuna.html にアイウエオとの対照表画像があります。それをもとに表を作成して頂ければ幸いです。)

上記のように、日本語の48文字と対応していると考えられています。

橋本ユリ
何か、暗号のような感じですよね。


この文献を発表した楢崎皐月は、カタカムナ文字を見た瞬間に、「龍体文字ではないか」と閃いたそうです。
第二次世界大戦中の満州に楢崎皐月が行っていたとき、道教の寺院の僧侶から、龍体文字の一種である「八鏡文字」について、教わったそうです。八鏡文字は、古代の文明について語っているので、カタカムナ文字もそうではないか、と思ったのです。さらに、文字の形などに共通点があったのでしょうか?
楢崎皐月は夢中になって、文字の点や直線の方向などを調べていくと、カタカナの発音にいきつき、それがアイウエオと対応することを突き止めました。

ちなみに、楢崎皐月はカタカムナ文献を解読はしましたが、その注釈は非常に難解で、内容については今もって論議されています。
また、カタカムナ文字を解読しようとする動きは、いまなお続いています。

では、そんなカタカムナ文献を発見した楢崎皐月とは、どんな人物だったのでしょうか?

 

楢崎皐月とは、どんな人物なのか

楢崎皐月は、1899年5月9日に生まれ、1974年に75歳で亡くなっています。

生まれは北海道とも山口県とも言われていますが、定かではありません。
ただ、北海道札幌市で育ったとされています。

その後、18歳のときに日本電子工業に入社しました。当時、専門的な知識がなかった楢崎皐月は一念発起し、働きながら電気工学を学びました。そこで理化学の面白さを知り、物理・化学をも学んだそうです。驚いたことに、それらは独学だったようです。

その頃から楢崎皐月は天才の片鱗を見せ、日本石油の協力のもと、絶縁油の生成に成功するのです。

当時、絶縁油は日本で生産できなかったので、楢崎皐月は瞬く間に注目の人となりました。
そのため、陸軍中将の石原莞爾の目にとまり、軍主体の会社を設立し(大日本炭油日工業株式会社)、石炭クズから石油を作り出す研究を始めたのです。

この後、第二次世界大戦中に満州に渡り、鉄鉱石から良質な鋼を作る技術を開発しました。
しかし、この研究は表むきのことで、実は原子力の研究をしていた、という説もあります。
ちなみに、さきほどの八鏡化美津文字と出会うのも、このころです。

敗戦後は星製薬に勤め、そこで「重畳波研究所」を創設するのです。
これは、食糧難であった戦後日本を救うための研究で、土地の電気の分布を計測することにより、その土地が豊かであるか、植物が育ちにくいかを判定する、というものです。

余談ですが、この星製薬の社長は星一(ホシ ハジメ)という方なのですが、その息子がショートショートの大家、星新一です。もしかしたら、星新一の自由な発想に基づいた小説は、父や楢崎皐月の影響も、あったのかもしれませんね。

 

楢崎皐月は、ついに重畳波の研究を完成させて「植物波農法」を確立したのです。

その後も、全国各地の電気分布の調査は続けられ、そのときにカタカムナ文献との出会いがあったようです。
カタカムナ文献を発見してからはその解読に生涯をささげ、医学・自然農法・天然食などの研究を、精力的に行いました。

そして、1974年の7月31日に亡くなられたのです。

楢崎皐月は、天才でもあり、努力家でもあったのですね。

それでは、核心でもあるカタカムナ文献の発見経緯について、お話しします。

 

カタカムナ文献 発見の経緯

楢崎皐月は、植物波農法の研究のため、全国各地で電気分布を調べていました。

ちょうど、六甲山でそのデータをとっていたときです。
金鳥山にさしかかり、電気分布を調査していたところ、「おまえさん、そんなものを置いたら、キツネや動物たちが怖がって、水が飲めないじゃないか!あそこの泉の近くの機材を、片付けてくれ」と言ってきた猟師がいたのです。
山の民と思われるその人物は「俺は平十字(ヒラ ジュウジ)だ」と言いました。
楢崎皐月は、申し訳ないとおもい、すぐに機材を片付けました。
すると平十字は言ったのです。
「あんたはえらい!お礼にこれをあげよう。」そう言って、巻物をくれたのです。
「この巻物はなあ、俺の父が宮司をしている神社のご神体だ。そこの山を少し降りたところに、神社がある。カタカムナ神社だ。お前さんのような優しい人なら、この巻物の価値がわかるじゃろう。これを役立ててくれ」そう言って、平十字は消えたそうです。

降りていくと確かに神社があり、そこに参拝したときに、楢崎皐月の頭の中に八鏡化美津文字のことが閃いたそうです。(この神社が、保久良神社とも言われています)

山を降りた楢崎皐月は、1949年にカタカムナ文献を発表しました。
このような経緯もあるため、文献の真偽が論争となっているのかもしれませんね。神話のような、不思議な話です。

ところで面白いことに、このカタカムナについて、医師が興味を持っていることが解りました。

 

実は医師もカタカムナに興味を持っている

カタカムナ文字そのもの、カタカムナの内容には、病気を治す力があるのではないか、として、医師から注目を持たれてもいます。

心療内科の医師はカタカムナを勉強し、いま目に見えていることに囚われることなく、思いの世界の大切さを認識した、と言っています。気の医学会での勉強会があったようです。
とあるアレルギー専門の医師は、現代医学の限界を感じ、カタカムナ文字を研究していくうちに、その文字の持つ力に着目しました。
その文字が描かれているグッズを使うと、体の調子が整うという声も寄せられた、とのことです。
アトピー専門の鍼灸院では、カタカムナ文字を使ったクスリ絵を使い、体質改善に役立てているそうです。

心の病気やアレルギー、アトピーなどは、体のバランスが崩れることにより発生するのかもしれません。
カタカムナは、心理的なアプローチからそれらを整えるもの、という試みなのかもしれませんね。

それでは最後に、カタカムナにまつわる神社について、ご紹介致します。

 

カタカムナの聖地、ゆかりある神社とは?

カタカムナ文献を金鳥山でもらったということから、「保久良(ホクラ)神社がカタカムナ神社である」と言われてきました。とはいえ、学会などで正式に認められたわけではありません。
しかし今なお、カタカムナの聖地として話題になっています。

この神社の主祭神は、須佐之男命・大国主命などです。

縄文時代や弥生時代の遺物もたくさん出土されており、磐座群という、石を祀った場所も残されています。また、遥拝所は日の出の方角に作られており、清らかで美しい風景が広がっています。この地域全体が、パワースポットとも言われています。

保久良神社全体が、神聖な雰囲気に包まれていますね。最寄り駅から少々歩きますが途中で梅林などもあり、ハイキングコース感覚で楽しめます。

 

保久良神社へのアクセス情報

住所:兵庫県神戸市東灘区本山町北畑680


公共機関:阪急電車 岡本駅より徒歩約25分

お車では、直接保久良神社まで行くことはできません。最寄りの有料駐車場からも800mほど離れておりますので、電車と徒歩が確実です。

行き方としては、岡本駅の大阪方面の改札を出ます。駅員さんがいらっしゃるほうですね。
改札を出て右へ曲がると、商店街があります。商店街を突き当りまで行って左へ曲がり、ずっと直進します。
すると、神戸薬科大学の看板がありますので、そこを左に曲がり、そのまま道なりに山の方へ向かうと、保久良神社の参道が見えてきます。
ちょっと距離がありますが、晴れて天気のいい日は、ハイキング感覚でとても気持ちがいいと思います。パワーをもらえそうですね。


保久良神社の御朱印です

 

まとめ

カタカムナ文明については謎に包まれています。
さまざまな説があり、グッズやセミナーなども多くあります。

効果などについては定かではありませんが、神話や不思議なものを調べてみるのも、面白いかもしれませんね。

神道や神社の観点からするならば、「気」「言霊」「穢れを祓う」という部分は似ているかもしれません。
保久良神社を参拝し、「気」を頂いてくるのもいいかもしれませんね。

橋本ユリ
※「カタカムナ」で検索すると様々な商品や講座、スピリチュアルなものが出てきます。
この記事は、それらとは関係がございません。もし購入等される場合には、自己責任にてお願い致します。

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「歴史・建物・組織」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。