神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。

まともな人ほど孤独(ぼっち)になる理由

2022年3月10日

日本人の心に火を灯す、東洋思想及び神道研究家の羽賀ヒカルです。

今回のテーマは、まともな人ほど孤独(ぼっち)になる理由についてお話ししたいと思います。

橋本ユリ
羽賀さん、クラスで陽性者が出て休校になっちゃった。

これで、2回目なんですよー。

いつ終わるのかな、これ。


羽賀ヒカル
うちも学習塾しているから、受験生にはとにかく免疫をあげよう!と話しています。


ウィルスを巡るおかしな状況


今世の中で、おかしなニュースが一つあります。

この動画を収録している現在、新型コロナウイルスのオミクロン株が広がり出している状況で、更に広がっていくことが予想されます。

その中で、感染者本人ではなく、その家族や職場にいる人などの濃厚接触者の隔離期間を2週間から10日にすることが、ニュースで発表されました。


私たちの会社は、学習塾を営んでいます。

そうすると、受験生はどうなるのでしょうか?

例えば、家族の中に感染者が現れると、本人は濃厚接触者になります。

つまり、「受験が出来なくなる」ということです。

これはおかしくないですか?


ちなみに、この動画を収録している次の日(2022年1月15日)は大学入学共通テストです。

この状況で「家族に濃厚接触者が現れました」と言うでしょうか?

もし正直に言って自宅待機となってしまうと、自分の志望大学があった場合、受験できなくなります。

さらに10日間の期間があれば、もっと受験できなくなり、この1年間の努力が奪われてしまうのです。

これはかなりおかしな対策をしているということです。


そして、人間心理としてどうなるかというと、誰にも言わなくなります。

「どうしよう、少し風邪っぽくて、しんどいな」という状況となると、検査を受けますか?

その結果、「陽性反応が出ました」となると、どうなりますか?

受験が出来なくなったり、仕事に行けなくなります。


それが、今の政府の方針です。

どのマスメディアも、この状況を「おかしい」と伝えていません。

この状況を普通だと報道しているマスメディアがほとんどです。

孤独(ぼっち)になる状況とは?


そして、この状況を「おかしい」と言う人は孤独(ぼっち)となります。

だから、「言わないでおこう」「黙っておこう」となり、その結果、感染拡大していく可能性がさらに上がっていきます。

なぜなら、感染が分かれば自分の周りの人間が行動制限されるからです。


「少ししんどくてだるいな、風邪ひいたな。でも、検査で陽性反応出たら面倒くさいから」と言って、みんなが検査を受けません。

これは逆に、どんどんと感染が広がっていきませんか?

この状況に関して「おかしい」と言う人は、孤独(ぼっち)になるのです。


そうした世の中の状況は、別に今に始まったことではなく、これまでもよくあったことです。

例えば、第二次世界大戦の時に日本は負けました。

この時代、日本の政府や軍部の中にも、戦争に負けそうだと予測した人たちがいました。

アメリカ軍と日本軍の戦力差や持っている設備等を比較していたのです。

こうした情報を元に、将棋盤のようなものを使って、事前に日本の陸軍の一部の人たちがシミュレーションをした結果、何回やっても負けると出たのです。

だから、きちんと分析して予測すれば、結果が分かっていたということです。


しかし、その意見はどうなったのでしょうか?

「いや、そんなこと言わないでおこう。考えないでおこう」と、意見が封殺されました。

でも、今になってそういった記録が出てきています。


また、世の中には「多数決は正しい」という常識がありますが、それが間違っていることもよくあります。

先ほど戦時中や今の日本の状況を例えに挙げましたが、明治維新の時も同じでした。

明治維新の時代、日本の人口は4000万人いました。

そのうち、明治維新志士として、中心で動いていた人は4000人でした。


この人たちは、孤独(ぼっち)ですね。

そして、そういった孤独(ぼっち)な人たちの戦いが、時代を変える流れに繋がったのです。

だから、「何かこの状況はおかしい。違和感がある」と感じる人たちは、むしろ孤独(ぼっち)になっていきます。

神道の視点から見た孤独(ぼっち)


今回は、なぜ孤独(ぼっち)になるのかを神道的にお話させて頂きます。

神道では「明浄正直(めいじょうせいちょく)」、もしくは「浄明正直(じょうめいせいちょく)」といった、四つの有名な言葉があります。

つまり「清く、明るく、正しく、直く」です。


では、今の世の中はどうでしょうか?

まず1つ目に、汚れています。

むしろ、世の中は、いつも汚れていきます。

汚れとは一体何なのでしょうか?

それは、人の不満や不安など汚れた感情です。

今の世の中は明るいムードかと言うと、多くの人が苦しい顔や暗い表情をしていて、ネガティブ思考です。

ただ、人間の思考はそういうものです。


人間が考えることのほとんどがネガティブな考えをしていて、脳内会話のうち9割がネガティブな会話をしています。

これが7割ネガティブ・3割ポジティブになるとかなりポジティブとなり、これが五分五分になると頭がおかしい人に見られるようです。


例えば、コップの水を周りにバーンとこぼしてしまいました。

そうすると「ああ、どうしよう」「しんどいな」「ふかないといけないな」と思います。

でも、この時ポジティブな人だとどう思うでしょうか?

「うわ!これで掃除できる!」と思うんです。

少し変な人に見えますよね。


また、お金のことで「これからザックザクお金入ってきたらどうしようか?」と心配しませんよね?

もしくは、人と付き合う中で「あの人に好かれてどうしようか?」「あの人にものすごく愛されてたらどうしようか?」などと考えますか?

でも、明るいとはそういうことなのです。


そして、浄明正直の「正」と「直」。

今の世の中は曲がっています。

この曲がっているとは、「正しいことを知らない」ということです。

先ほどの例えでは、第二次世界大戦の時に、「負けるのではないか?」というのは、正しい予測だったはずです。


もしくは、「この状況下で、10日間の隔離はおかしくないか?」と考えるのは、まともだと思います。

しかし、一度決まると、曲がったことがまかり通ってしまうのです。

正しいことを伝えていくために大切なこと


正しいことをやろうと思ったら、様々なことを勉強して知らないといけないのです。

昔からそうかもしれませんが、最近の世の中は特に、どんどん勉強しない人が増えいく方向に進んでいます。


まず、世の中全体で本が売れません。


そして、1分間で手軽に知りたいということで、YouTubeの長い動画も見られなくなっています。

でも、1分間で手軽に知ることができることには、曲がった情報が多いです。

私も1分間でできるだけ良い情報を伝えようと思い、TikTokや、Instagramのリール、YouTubeのショートなど様々な媒体をやっています。


いざやってみると「一分間では限界がある」「誤解して曲がって伝わる」と思います。

やはり、人間は10分や15分など、きちんと長い時間をかけて話すから正しく伝わるのです。

Twitterでも140文字という文字数の中で伝わることは限られています。

世の中で、一冊の本を通して伝えないと伝わらないことが多く、その結果として、曲がって伝わってしまっているものが非常に多いのです。


これは今に始まったことではなく、世の中に出ている情報は曲がっているものが多いです。

「あの人、どうも悪い人らしいよ」と表面的に知ったことは曲がって解釈してしまいがちです。

しかし、本当にその人が全面的に悪い人かと言うとそうではありません。

全面的に悪い人間は、なかなかいないのです。


でも、人間は単純に物事を捉えたがるので、「単純に捉えると、曲がって伝わりますよ」ということです。

世の中は放っておくと、汚れて、暗くて、曲がった方向に行きます。

だからこそ、浄明正直な生き方をする人は、いつの世の中でも孤独(ぼっち)として少数派になるのです。

少数派が正しいこともあるのか?


私はここで言いたいことがあります。

少数派になることが悪いことではないのです。

孤独(ぼっち)のあなたが「何か今の世の中は何かがおかしい」と感じることは良いと思っています。


例えば、賛否両論があって、様々な議論されるべきことだと思うことを挙げます。

私は常時マスク着用に関して、あまり肯定的ではありません。

なぜ肯定的でないのかには理由があります。


昔、新興宗教団体のオウム真理教により、東京の地下鉄でサリンが撒かれた、地下鉄サリン事件(※注)がありました。

※注:地下鉄サリン事件
1995年(平成7年)3月20に東京都で発生した同時多発テロ事件である。警察庁による正式名称は、地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件(ちかてつえきこうないどくぶつしようたすうさつじんじけん)。世界でも稀に見る大都市圏における化学兵器を利用した無差別テロ事件であった。


この時に、どう考えてもマスクではサリンを防げません。

なぜなら、サリンは分子ですが、ウィルスは分子よりさらに細かい粒子だからです。

だから、マスクをしても鼻や口から出入りすると思っています。


そして、私は今の状況下でマスク着用が必須なら、今後もずっと付けなくてはいけないと思います。

ただ、今それを言うと、孤独(ぼっち)になります。

これは「少数派が実は正しいことがある」ことの一つの例えで、色んな意見があって良いと考えています。

人生を強くする孤独(ぼっち)を描いた神話


孤独(ぼっち)の時期は人生に必要で、自分を強くしてくれます。

それが描かれた日本神話が、オオクニヌシ神話です。


オオクニヌシがオオナムチという名前だった時、八十神というお兄さんたちがいました。

ある時、お兄さん達から遅れをとってしまい、一人で重たい荷物を背負って歩いていました。

それが、ヤガミヒメという女神に認められたのです。

お兄さんたちが求婚してもヤガミヒメは振り向きませんでしたが、オオナムチは振り向いてもらえました。


「オオナムチ」を、漢字で書くとどうなりますか?

ここには様々な説がありますが、その中の一つが「大己貴(オオナムチ)」です。

「孤独(ぼっち)の時期があるから、大きく貴い自分を作ることができた。本物のプライド、自信、折れない心を見つけた」ことがオオクニヌシ神話なのです。


だから、人生には孤独(ぼっち)の時期が必要です。

「なかなか理解してもらえない」「共感してもらえない」「分かってもらえない」といった時は、このオオナムチ神話を見返して欲しいです。

また、「世の中が今後進みそうな方向性」も知っておいて欲しいと思います。


ただ、神道では「汚れの神様」もいますし、全部が悪いものと捉えていません。

全部まとめて、ひとつの良い神話・物語を作っていく、包み込んで最終的には一つになっていくことが非常に日本的な考えかなと思います。

今は大きな時代の変わり目の中で、まともな人が孤独(ぼっち)になることはあると思いますが、むしろ一人の時間を大事にしましょう。

「ああ、なかなか伝わらないな」と思った時ほど、「本当の自分が目覚める時なんだ」「強い心を作る時なんだ」と捉えるようにして下さい。

橋本ユリ
孤独(ぼっち)になる時間も必要なんですね。

でも、一人だと寂しくて落ち込んでしまいそう。


羽賀ヒカル
そんな時は、神社チャンネルを見たり、オンラインコミュニティゆにわ塾のコンテンツを視聴したり、自分の心と向き合う意味で神社参拝をオススメします。

仲間に会いに来るつもりで、参拝セミナーや、ゆにわ塾を見てください。



今回は、まともな人ほど孤独(ぼっち)になる理由についてお話させて頂きました。

あなたの開運をお祈りしています、羽賀ヒカルでした。


・神社チャンネルのこちらのYouTubeバージョンもご覧ください。↓


メルマガでも発信しています。

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社参拝」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、新米巫女の橋本ユリが、
神社に関する知識をわかりやすく解説します。