※この無料講座は、2020年3月末までの期間限定で開催しております。
登録日によって、21日間ではなく、最短の日数で講座の内容を学んでいただけるよう、
トータルの配信数を減らし1通1通のメールの中身をより凝縮してお届けします。
登録した時点で受講期間が終了している可能性もございますので、その点ご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

こんにちは、羽賀ヒカルです。

私は占術家・神道研究家として
出会い、恋愛・結婚、夫婦関係をはじめとした縁結び全般、
仕事やお金の相談に、生年月日や命名鑑定など、、、
これまで多種多様な人生相談に乗ってきました。

アドバイスさせていただいた方からは、

  • 「3ヶ月で理想の結婚相手が見つかりました」
  • 「会社で営業成績トップになり、昇進が決まりました」
  • 「10年来悩んでいたことが、全く気にならなくなり毎日楽しく過ごしています」

など、ありがたいことに喜びの声を多数いただいております。

ただ、これは私がすごいわけではなく、
ひとえに師匠の北極老人の教えがあり、
そして、素直に行動に移してくださる方の
どちらもあって実現しているものです。

そして、こんなことを言うと、
「それは才能があったからできたんじゃ・・・?」
という声をいただくこともありますが、
そうではありません。

誰だってこれらの願望を実現することは可能ですし、
むしろ、先天的に決まっていると思われている「才能」ですら、

”後天的に覚醒めさせることが可能”

なのです。

これまで日本の歴史に名を残してきた
「天才」たちがいかにして才能に覚醒め、
時代を動かしてきたのか?

その秘密に迫り、
「自分にしかない才能を覚醒めさせる方法」
をお伝えする講座を、ついに始動させていただきます。

※この無料講座は、2020年3月末までの期間限定で開催しております。
登録日によって、21日間ではなく、最短の日数で講座の内容を学んでいただけるよう、
トータルの配信数を減らし1通1通のメールの中身をより凝縮してお届けします。
登録した時点で受講期間が終了している可能性もございますので、その点ご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

2020年に流れる
"特別なエネルギー"

2020年、私たちは今、
大きな時代のターニングポイント
を迎えています。

その年、その年には
特有のエネルギーが流れているのですが、
実は、2020年は「特別なエネルギー」が流れる年なのです。

それが、「異常干支」と呼ばれるものです。

この名前が示す通り、
「異常干支」が巡る年は“普通ではない”、
特殊なエネルギーが流れます。

しかも、なんとその異常干支が、

・2018年 戊戌 つちのえいぬ
・2019年 己亥 つちのとい
・2020年 庚子 かのえね

と、3年間連続で巡ってきているのです。

異常干支が巡ってくる年は、
社会においても、個人の人生においても、
今まででは考えられないような出来事が起こり、
現実が大きく変わっていくと言われています。

・今までの常識や枠組みが通用しなくなる
・思ってもみない急激な変化が起こりやすくなる
・直線的ではなく、“飛躍的”に変化する

など、これまで当たり前だった常識が崩れていくのです。

反対に、ちょっとした出来事をきっかけに
飛躍的な成長を遂げることもできるでしょう。

2020年は、3年連続で訪れた
「異常干支」の最後の年であり、
この流れをきっかけに開運していくには
絶好のチャンスが巡ってきていると言えます。

才能を覚醒めさせる

今お伝えした通り、
2020年はこれまで“当たり前”だったものが失われ、
新たな価値観や枠組みが生まれていく1年になります。

ですが、嘘や建前、安全、安定が崩れるような出来事が
実は開運のきっかけになることだってあるでしょう。

そのため、

今までの自分を突破し、
新しい才能を覚醒めさせるには、
これまでにない絶好の1年になります。

昨年、私たちは
「北極流伊勢神宮参拝セミナー」で、
絶対に不可能だと思われていた
1000名以上の神社参拝を実現させました。

伊勢参拝セミナーにご参加いただいた方からは、

  • 尊敬する人物から念願だった仕事のオファーを受けた
  • わずか数ヶ月でYouTubeチャンネル登録者数が2万人を超えた
  • 参拝をキッカケに夫婦仲が急激に円満になった

・・・など、
目まぐるしく現実が動き始めた、
という声をたくさんいただきました。

時代の大きな流れに乗り、
新しい才能を開花させることができたからこそ、
願望成就にも繋がっていったのです。

他にも、現実的な変化だけではなく、

・「達成不可能に思える仕事にも”これからが勝負だ!”としぶとく取り組めるようになった」
・「本当に神様がいるんだと初めて実感できた」
・「人生でこんなに真剣に祈りを捧げたことはなかった」

と、明らかに日々の生き方・向き合い方が
ガラリと変わったという方も多くいます。

まさに、
生まれ変わったかのような
大きな飛躍を果たす1年となるのが、「2020年」なのです。

今後12年間の雛形
作る1年

今年は新しい才能を覚醒めさせることはもちろん、
非常に特別な意味を持つ1年になります。

ただし、2020年に流れる特別なエネルギーを活用し、
今までにない飛躍を遂げる方も多くいる反面、
過去の価値観に囚われ、不運な方向にいく方も
大勢いらっしゃるでしょう。

そのため、実はこの1年の過ごし方次第で、
「今後10年以上にわたっての運気が決まってしまう」
と言っても過言ではないでしょう。

というのも、今年は「子年(ねどし)」です。

干支は12年で1サイクル(子、丑、寅、卯、辰・・・・)であり、
「子年」はその始まりの年になります。

そのため、この1年をどのように過ごすかが、
今後12年間の雛形になっていきます。

新時代がスタートしたこのタイミングと、
「子年(=今後12年の始まりの年)」が重なるというのは
滅多に起こることではありません。

この2020年は、未来への種子(タネ)を撒いて、
才能を発揮させる1年にしていきましょう。

「北極流・才能開花
プロジェクト」
の内容

今回の企画でお伝えするのは、
「後天的に才能を覚醒めさせる究極奥義」
です。

2020年のテーマや、時代の流れに乗る秘訣、
才能を覚醒めさせる際に気をつけるポイントなど、
講座の中でふんだんに解説させていただきます。

また、「才能開花」とは、
「運気を貯める」ということでもあります。

そのため、
出会い、恋愛、結婚、夫婦関係、命名、子育て、
就職、転職、人間関係、引っ越し、お金……など、
あらゆる願望を叶える土台も一緒に築いていきます。

2020年を最高の1年にするためにも、
ぜひ、今回のプロジェクトにご参加ください。

全3回の動画を通じて、
「才能開花」に隠された秘密について、
お伝えさせて頂きます。

また、「神社チャンネル」が主催するということで、
今回の講座も、神社参拝と密接に関係しています。

「才能開花」と密接に関わる神社の秘密や、
功徳を最大限受け取る方法など、
神社参拝の秘伝についてもお伝えしていきます。

今だけ無料で講座を受講していただけますので、
ご興味ある方はぜひご登録ください。

全3回の動画講義内容
紹介

今回の企画では、およそ3週間に渡って
メールマガジン(プラス全3回の動画講義)
をお送りしていきます。

「才能開花」をテーマに、

  • 2020年に開運するための秘訣
  • 後天的に才能を覚醒めさせる方法
  • 神社に祀られる神様の秘密について

など、ここでしか学べない内容をお届けします。

21日経った後には、
人生を激変させていく土台が
出来上がっているでしょう。

あなたにしかない才能を、ぜひ、磨いていって下さい。

  • なぜこのタイミングで「才能開花」がテーマなのか?
  • 今年1年の過ごし方で人生をまるっきり変えることができる
  • 「うだつが上がらない」の由来
  • 予言の世界で有名な「次に現実が大きく動くのは令和〇年」
  • 2020年に流れる「庚(かのえ)」のエネルギーと才能開花
  • 52歳、漁師だったおじさんの才能開花ストーリー
  • 後天的に才能を開花させる人間の3つの共通点
  • 天才になるための「スキーマ脳」とは
  • 自分にとっての向き、不向きを見分ける方法
  • 北極流・”脳内ホムンクルス”覚醒法
  • 新しい習慣を継続するためにおすすめの日数とその理由
  • 「憧れ」を見つける方法
  • 「センス(才能)がある」とはどういうことか?
  • 遂に公開!才能開花の功徳を得るための神社とは?
  • 北極流・神社参拝の作法
  • 才能開花のカギを握る神様とは
  • 星座と神社、エネルギーの関連性
  • 北極流セミナーの新たな構想

※この無料講座は、2020年3月末までの期間限定で開催しております。
登録日によって、21日間ではなく、最短の日数で講座の内容を学んでいただけるよう、
トータルの配信数を減らし1通1通のメールの中身をより凝縮してお届けします。
登録した時点で受講期間が終了している可能性もございますので、その点ご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。