神社チャンネル

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。

【2018年】関西の初詣はここに行け!専門家が選ぶおすすめスポット12選

2017年12月29日

こんにちは、北極神社の新米巫女、橋本ユリです。

「初詣、どこがいいかな~」

いよいよ、あと数日で2017年も終わり。
年が明ければお正月です。

あなたは2018年の初詣、誰と行きますか?
また、いつ行くか、決まりましたか?

実は、元旦1月1日~1月15日までの間に参拝すると、その期間だけ特別ボーナスとして、普通に参拝するよりも多くの功徳がもらえると言われているんです!

年に一度のこの機会、逃さず2018年の波に乗っていきたくないですか?

ということで今回は、神道家の羽賀ヒカルさんに、関西圏の初詣にオススメの12社を教えていただきました!

神社ごとの功徳も紹介していますので、自分の願いにあった神社に参拝してみてくださいね。

それでは参りましょう!

京都

石清水八幡宮

主祭神 : ホムタワケノミコト(応神天皇)

戦争や戦いにおける必勝祈願の神様が祭られている神社。

昔から、数多くの戦国大名が必勝祈願にお参りしたとも言われており、旗揚げ、勝鬨かちどきの神としても有名です。

八幡系の神様に関連する人物として、歴史上で有名なのは八幡太郎こと源義家

源氏は家系全体として、八幡さんを厚く信仰していたとされています。

今の時代に戦はありませんが、
  • 何か新しいことを始めるとき
  • モチベーションを上げたいとき
  • ここ一番!という勝負時
には、ぜひ参拝してみるといいでしょう。

未来が大きく動く初詣ツアーを活用するのもオススメです!
下記の「北極流 開運初詣ツアー」なら、2018年における石清水八幡宮の真の神様とはたらきを知ることで、神様から全力で応援してもらい、感情エネルギーで自分の望む人生を切り開くことができます。

(富岡八幡宮の事件、八幡神社の出火など、最近八幡が荒れているのも、神様の世界と関係があるのだとか・・・)

興味のある方は参加してみてくださいね。

 北極流 開運初詣ツアー 石清水八幡宮

石清水八幡宮
〒614-8005 京都府八幡市八幡高坊30

下鴨神社

主祭神 : タケツヌミ / タマヨリヒメ

下鴨神社で祭られている神様は、八咫烏に化身し神武天皇を先導したとされるタケツヌミと、その娘であり神武天皇の母でもあるタマヨリヒメです。

精神的成長、内面的成長を祈願するとよいとされています。

ちなみに、「下鴨神社」は通称で、本当の名前は賀茂御祖神社かもみおやじんじゃなんですよ。
知っていましたか?

下鴨神社
〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59

下鴨神社とセットでお参りしたい神社は、上賀茂神社です。

上賀茂神社

主祭神 : カモワケイカヅチ

上賀茂神社といえば、三角形に盛られた立砂が有名です。

主祭神は雷の神様ですが、実は、ニニギノミコトの異名とも言われています。

下鴨神社からタクシーで15~20分ほどで到着するので、比較的、簡単に行き来することができます。

なぜ、下鴨神社とセットでお参りするといいかというと、
下鴨神社が内面的成長の祈願に向く神社だとしたら、
上賀茂神社では、内面的成長に必要なエネルギーを補充できるんです。

ぜひ、上賀茂神社でイカヅチのエネルギーをもらったあとに、下鴨神社で内面的成長を祈願してみてください。

上賀茂神社
〒603-8047 京都府京都市北区上賀茂本山339

大阪

住吉大社

主祭神 : 住吉大神 ( ウワツツノオ / ソコツツノオ / ナカツツノオ / 神功皇后)

大阪の代表的な神社の1つです。

和歌・言霊の神様で、表現力や宣伝力、ものごとを広げていく功徳があると言われています。

大阪のお笑いや、商売気質の土地柄は、この住吉大社の産土力(土地に根差す神社の霊力)によって作られているのです。

祭られている神様は、一般的には、ウワツツノオナカツツノオソコツツノオ神功皇后と明記されており、総称して住吉大神と言われています。
住吉老人とも言い、白髪の老人姿をした和歌の神様です。

功徳をたっぷり受け取るには、神社参拝セミナーを活用するのもオススメ!
下記の「北極流 開運初詣ツアー」なら、2018年における住吉大社の真の神様とはたらきを知ることで、神様から全力で応援してもらい、心が澄み切って表現力がUPし、人の心が動くコミュニケーションが取れるようになります。

興味のある方は参加してみてくださいね。

 北極流 開運初詣ツアー 住吉大社

住吉大社
〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89

兵庫

西宮神社

主祭神 : ヒルコオオカミ

西宮十日えびす祭で有名です。

主祭神はイザナギ・イザナミの最初の子どものヒルコオオカミです。

日本神話によると、ヒルコオオカミは五体不満足で生まれてしまい、泣く泣く流されることとなったとされています。
つまり、赤ん坊のままで海に流されてしまったのです。

この物語には、西宮神社の功徳の秘密が現れています。

それは、人生において、
「まるで流されるかのような理不尽な試練を経てメンタルが鍛えられますよ」
という意味なのです。

神様のエネルギーをたくさん浴びるには、神社参拝セミナーを活用するのもオススメ。
下記の「北極流 開運初詣ツアー」なら、2018年における西宮神社の真の神様とはたらきを知ることで、神様から全力で応援してもらい、人に愛され、絶望的状況からも結果を出せるようになります。

興味のある方は参加してみてくださいね。


 北極流 開運初詣ツアー 西宮神社

西宮神社
〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1−17

湊川神社

主祭神 : 楠木正成公

ここには、歴史上の人物として存在した、楠木正成が祭られています。
楠木正成は、南北朝の時代に、後醍醐天皇を主君として仕えていました。

「人が神社に祭られるなんて!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そう。

実は、人が死後神社に祭られているケースは、探してみると意外に多いのです。
  • 天神さんで有名な菅原道真
  • 上杉神社に祭られる上杉謙信
  • 東照大権現として日光東照宮に祭られる徳川家康etc…
歴史上で大活躍をしたり、「神様のような生き様を送りましたね」と人々に認められると、神社が建てられるのです。

楠木正成は、まるで神様の生まれ変わりといえるような人望と、智慧と、先見の明を持った人物だったとされています。

時代を見通す先見の明、人生に必要な直感力、閃きを得たいなら、湊川神社に参拝してみてください。

湊川神社
〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通3丁目1−1

出石神社いずしじんじゃ

主祭神 : アメノヒボコ

アメノヒボコは、朝鮮からやってきた神です。
歴史を振り返っても、出石神社周辺は、朝鮮から渡ってきた人たちが住み着いた場所であるとされています。

アメノヒボコは、その名の通り「鉾」の神様です。
日本神話では、鉾は秩序を糺す働きを持つとされています。
イザナギ・イザナミも、天上界から長い長い鉾を使い、くらげなす漂える国(クラゲのように漂っているような国)をコオロコオロとかき混ぜ、国作りをしていきました。

出石神社に参拝すると、霊的な鉾の力により、内面的にも、現実的にも、混沌としたものが秩序だてられる功徳があります。
  • 頭の中がゴチャゴチャしていて整理したいとき
  • 現実的な道筋を通していきたい方
は、ぜひ参拝してみてください。

出石神社
〒668-0204 兵庫県豊岡市出石町宮内99

滋賀

多賀大社

主祭神 : イザナギ / イザナミ

安産・長寿の功徳があるとされています。
生命エネルギーを授けてくれる神社です。

その霊力の源となっているのは、ご神体である琵琶湖です。

琵琶湖の神力を一身に受け、生命エネルギーに満ちることができるでしょう。

多賀大社
〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町多賀604

奈良

三輪大社

主祭神 : オオモノヌシノカミ

オオモノヌシとは、見えない世界の霊長の主という意味で、その功徳を受けることで、見えない世界に強くなると言われています。

三輪大社には良いヘビの神霊がいるともされ、金運アップ、出会い運アップの功徳もあると言われています。

「今月支払いがやばい!」と思ったら、三輪の神様にお参りしてみるといいでしょう。

三輪大社
〒633-8538奈良県桜井市三輪1422

橿原神宮

主祭神 : 神武天皇

日本建国発祥の地ともされる橿原神宮。

ここには、初代天皇である神武天皇が祭られており、ヤマトの国は橿原から始まったといってもいいくらいの古い歴史を持っています。

全国各地津々浦々、数ある神社の中でも、神主さんの対応がダントツに良いことで有名です。

位を授かる、役割を授かる、天命を知るといった功徳があるとされています。

橿原神宮
〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

和歌山

熊野本宮大社

主祭神 : 熊野大神

主祭神は熊野大神とされていますが、その霊力の大半はスサノオ(地球の神)とされています。

熊野本宮大社は、一願成就の効き目が抜群とされ、「これだけはどうしても叶えたい!」といった思いを持っていくと、叶うべきことは、すぐ叶うとされています。

緊急でお願いしたいことがある方にオススメの神社です。

熊野本宮大社
〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮1110

三重

椿大神社

主祭神 : サルタヒコ / アメノウズメ

サルタヒコは、天上界より舞い降りたニニギノミコトを先導したとされ、
道案内の神、道開きの神と言われています。

アメノウズメは、古事記では、岩戸に隠れてしまった天照大神を導き出すため、衣服を脱ぎ、踊りました。

この神話の霊的意味は、「心の鎧を脱ぎ捨て、すべてさらけ出します」。
つまり、本当の自分の本音を知る功徳があります。
  • どっちに進んだらいいかわからない
  • 本音がどれかわからない
という人にはピッタリの神社です。

また、誰かを導ける存在になりたい人にもおすすめ。

椿大神社
〒519-0315 三重県鈴鹿市山本町1871

今年の干支「戊戌」は急激な変化が起こる年

2018年の干支は、つちのえいぬです。

「戊」は、動植物が繁殖していく山の意味があります。
「戌」は、「刈り取る」意味です。

成長しては刈り取られる、つまり、古きものが刈り取られ、新しいものが成長していくような1年になると言えます。

このテーマは、国全体としても、個人レベルでも、同じことが言えるでしょう。

過去からの悪いご縁が断ち切れ、新しい物事を始めるのにはいい年です。

ぜひ、良い新年を迎え、開運する1年となれるようお過ごしくださいね。

橋本ユリ
干支に意味があるなんて知りませんでした!

羽賀ヒカル
フフフ。
知っておけば方向性が定まるから、何かあってもやるべきことが見えやすくなりますね。

橋本ユリ
ダーウィンの進化論にも
「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である。」
とありますよね!

羽賀ヒカル
おおっ、珍しく知的な発言。

橋本ユリ
え、失礼しちゃうなぁ。
今年が「戌犬」ってこともちゃんと知っていましたよ!

羽賀ヒカル
・・・ってイヌだらけじゃないかーい!


今年の干支「戊戌」、そして年初めをどのように過ごすかを知って、運気の流れに乗りたい方は、羽賀さんの初詣ツアーへ申込んでみてくださいね。

北極流 開運初詣ツアー

神社参拝の秘伝講座
日本全国190社の神社を回り、200人以上のメンバーと団体参拝をした 神社参拝専門家の羽賀ヒカルが語る凡人が運命を超えるための参拝秘伝とは
無料登録するだけで合計6万円相当の
豪華プレゼントを無料で受取ることができます。 詳しくはこちら

これらの記事も合わせて読むと、開運の秘訣がわかります。

「神社」カテゴリの記事

神道専門家の羽賀ヒカル監修のもと、架空のキャラクターの
新米巫女の橋本ユリが、神社に関する知識をわかりやすく解説します。